BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「エンディングノート」認知度6割も作成経験者はその2%

NEWSポストセブン1月7日(木)11時0分

 人生の終盤に向かうと、病気や介護、これからの人生などあれこれ心配になるもの。でも、そんな時、「むやみに不安がらず、1度立ち止まって、“自分とはなんぞや”を考えてほしい」とは、自分の死に関し様々な要望や心構えを記す「エンディングノート」に関する講座を開く、石崎公子さん。


「書くために“もしも”の時のことを考えることで、それまで気づかなかった自分自身の考えや、本当に自分が大切にしていることが見えてきます。それによって、これから先の人生を前向きに過ごすことができるようになる人が多いのです」(石崎さん)


 経済産業省が2012年にまとめた「『ライフエンディング・ステージ』の創出に向けた普及啓発に関する研究会報告書」によると、エンディングノートの認知度は6割を超えるが、実際の作成経験者はそのうちの2%にすぎないという。


『自分らしい「生き」「死に」を考える会』代表で、内科医として多くの患者の終末期を経験してきた渡辺敏恵さんは言う。


「いずれ書きたいと思っていても、病気や死は直視しづらいもの。でも、もしもの時の必要事項や考えを書き記して残しておけば、家族に自分の意向を伝えることができます」(渡辺さん)


 それに、残された家族間のトラブルも抑えられる可能性も。お互い納得した上で、延命措置やお葬式などの意思決定ができるので、本人も家族も後悔のない最期を迎えられるのだ。


 人生の半分を過ぎたと思ったら、必ずやって来る死について考えるのも、早すぎることはない。


※女性セブン2016年1月21日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「認知度」をもっと詳しく

注目ニュース
高畑充希 『過保護のカホコ』で箱入り娘演じるも普段の買い物は超しっかり 週刊女性PRIME8月23日(水)16時0分
「8月16日放送の第6話では、頼りきりだった母親からの自立を宣言したカホコが、慣れない家事や料理に挑戦するもことごとく失敗してしまうといっ…[ 記事全文 ]
関ジャニ∞大倉忠義、吉高由里子とすしデートで破局説一蹴 NEWSポストセブン8月23日(水)16時0分
破局説も流れていた関ジャニ∞の大倉忠義(32才)と吉高由里子(29才)が、都内の高級すし店で食事を楽しむ現場をキャッチした。[ 記事全文 ]
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場! アサ芸プラス8月23日(水)9時59分
人気芸能人たちが教壇に立ち、自らのしくじり体験を告白するバラエティ番組「しくじり先生俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)が、10月期の改…[ 記事全文 ]
西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ まいじつ8月23日(水)19時0分
(C)まいじつモデルで女優の西内まりやに対して、長期休業や芸能界からの引退、さらには結婚など、さまざまな情報が飛びかっている。[ 記事全文 ]
視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か まいじつ8月22日(火)21時30分
(C)Shutterstock窪田正孝が主演する連続ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)に対し、「ストーリーが破綻してついていけな…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア