清水寺のイケメン僧侶、インスタグラムは信仰の入り口

1月7日(土)16時0分 NEWSポストセブン

京都・清水寺の僧侶・大西英玄さん

写真を拡大

 新たな年を迎えたが、昨年からの悩みは年を越した瞬間パッとなくなるはずもなく…、また一年が始まると思うと気が重くなるというかたも少なくないはず。そこで、イケメン僧侶に心がふっと軽くなる説法をいただいた。


 北法相宗音羽山清水寺(京都府京都市)の僧侶・大西英玄さん(38才)が選んだ「新春一言説法」は「永」。この文字を選んだ背景をこう語る。


「永遠の永という字は、書道では字の基本といわれています。“人としての基本に立ち返る”という思いから、この文字を選びました。自分の幸せは自分にしか決められないので、他人と比べることではありません。


 喜びや安らぎを得るためには、自分の人生に徹して、目の前のことに真摯に、一生懸命向き合うことに尽きると思います。さりげない、日々の当たり前の出来事にも喜びを感じていただきたいですね」


 米国留学を経験し、「学生時代は広告代理店勤務を考えていた」という大西さんは、公式インスタグラムを開設するなど清水寺の新しい発信の一翼を担っている。「年間500万人近いかたがお越しくださる清水寺は信仰の入り口になることが役割だと思っていて、インスタグラムもその柱の1つです。清水寺にいらした際は、たとえ30秒でもいいので手を合わせていただき、ご自身の本心に立ち返っていただけたら」。


【プロフィール】

生年月日:1978年5月9日

血液型:B型

出身:京都府京都市

趣味:体を動かすこと。住職の随行で富山県に行った際には、ハーフマラソンにも挑戦

好きな食べ物:ゴーヤ、納豆、親子丼

休日の過ごし方:家族サービスやバスケットボールなどのスポーツをする

毎日必ずやっていること:毎朝「ありがとうございます」と言うこと


※女性セブン2017年1月19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

僧侶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ