はしのえみがオススメする鹿児島県民おなじみの「焼きそば」

1月7日(日)7時0分 NEWSポストセブン

鹿児島名物・山形屋食堂の焼きそば

写真を拡大

 NHKの大河ドラマ『西郷どん』の舞台として注目が集まる鹿児島県。そこで、鹿児島県出身のタレントはしのえみが、鹿児島県民おなじみのグルメスポットを紹介する。


■ふるさとレストラン 山形屋食堂

住所:鹿児島市金生町3-1 山形屋1号館7階


 昔懐かしい百貨店のレストランの約300席が、昼どきは満席になるほどの人気。約4割の客が頼むのが、パリパリの揚げ麺にあんをかけた『焼きそば』だ。


「県民なら一度は食べたことがあるはず。好みでかける甘めの三杯酢、私はたっぷりめ!」(はしのえみ)


 昭和33年に誕生した名物『焼きそば』(700円)は3世代に愛される。


撮影/玉井幹郎


※女性セブン2018年1月18・25日号

NEWSポストセブン

「はしのえみ」をもっと詳しく

「はしのえみ」のニュース

BIGLOBE
トップへ