黒柳徹子、『ふしぎ発見』のため「図書館で本を借りて、30年間歴史の勉強を続けてる」

1月7日(土)18時47分 Techinsight

黒柳徹子、今年は『ふしぎ発見』収録が初仕事(出典:https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi)

写真を拡大

1986年に放送開始し、今もなお多くの視聴者に愛されている『世界ふしぎ発見!』(TBS系)。同番組の顔ともいえるのが、放送開始当初から回答者として出演している黒柳徹子である。毎回豊富な知識を活かし高い正解率を維持している彼女だが、それは日々勉強を怠らない努力の賜物であった。自身のInstagramで明かしたその勉強方法に、多くのフォロワーから感嘆の声が寄せられている。

世界各地の様々な“ミステリー”を視聴者にクイズ形式で届ける『世界ふしぎ発見!』は、その質の高い現地取材やスタジオの楽しいやりとりなどで人気を博し、今も毎週放送を続けている長寿番組である。そんな同番組に司会の草野仁と共に放送当初からレギュラー回答者として登場しているのが、ご存じ黒柳徹子だ。

番組で出題される難しい問題も難なく回答してみせるその姿からは、彼女の歴史や地理に対する豊富な知識が見てとれるが、意外にも芸能界に入ってからは「クイズ番組には出ない」と決めていたという。

自身のInstagramで今年の初仕事だという同番組の収録風景を投稿した黒柳は、その理由に関して「常識に欠けるところがある」「自分が興味のあるもの以外は、まったく答えられない。そういう欠落したところがある」からだと綴っている。

それでも歴史自体には興味を持っていた彼女、「歴史くらいは勉強したい」と思っていたところにプロデューサーから出演の打診があり、他のクイズ番組と違って「自分で推理して答えられる新番組」ということで出演を決めたそうだ。

それ以降、「歴史を、真剣に勉強したいので、せめて毎回のテーマを教えていただけませんか?」とスタッフにお願いし、テーマに沿って図書館で猛勉強。それを30年間も続けてきたのだ。

最近では教えられるテーマも漠然としたものになってきたようで、黒柳は「図書館で何の本を借りるのかを、決めるのもひと仕事!」という。それでも「だいぶ歴史が分かるようになった」そうで「私はこの番組は、毎回発見があるので大好きだ」と番組への愛着もひとしおのようだ。

難しいクイズにも難なく正解しパーフェクト賞を獲得することも少なくない黒柳。そんな黒柳の影の努力に、フォロワーからは「正解の裏には努力があったんですね」「徹子さんの何事にも挑戦、努力、ほんとに、頭下がります」「私も見習います」と、感心と称賛の声が多数寄せられた。

「最近は、全問正解するのが難しくなっているが、パーフェクト賞めざして、今年も頑張ります!」と抱負を述べた黒柳。今年は何回パーフェクト賞を獲得するかも見ものである。

出典:https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

黒柳徹子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ