竹内涼真「家族が増えました」 仮面ライダー俳優が“バンブルビー”に夢中

1月7日(土)19時40分 Techinsight

“バンブルビー”と竹内涼真(出典:https://twitter.com/takeuchi_ryoma)

写真を拡大

映画『帝一の國』(2017年4月29日公開)で明るく実直な好青年ながら病気の母を抱える苦学生・大鷹弾役を演じる竹内涼真。束の間の正月休みは作品から離れ『トランスフォーマー』のキャラクターフィギュアたちと楽しいひとときを過ごした。

彼が1月6日、『竹内涼真(takeuchi_ryoma)ツイッター』で喜びの涙を流す絵文字とともに「新しい家族が増えました」「バンブルビー」と紹介した。『トランスフォーマー』などのハリウッド映画に登場するキャラクターのフィギュアを制作・販売するPrime1Studioによる精巧なものである。

黄色のボディが特徴のシボレー・カマロに変形する若きオートボット戦士・バンブルビーのフィギュアに目を輝かせる竹内涼真。その様子に「夢中な涼真くんが可愛い」「仮面ライダードライブとトランスフォーマーが家族とか胸熱」とフォロワーも嬉しそうだ。

別の投稿では、ホットトイズ社製のクオリティーの高いフィギュアを扱う東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」で手に入れたアイアンマンのフィギュアも披露している。そんな彼だけに「ドライブ、ついにハリウッド進出」という声が実現すると面白いのだが。

出典:https://twitter.com/takeuchi_ryoma
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

竹内涼真をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ