新宿駅南口の“首吊り現場”がSNSで拡散...気軽な「リツイート」「リプライ」が”最後のひと押し”になる可能性も

1月8日(水)9時0分 AbemaTIMES

 6日正午ごろ、東京・新宿駅の南口側の甲州街道にかかる歩道橋で、30代の男性がマフラーで首を吊って死亡した。

 お昼時ということもあり、かなりの人がその様子を見ていたようだ。現場を目撃した人たちが「新年早々首吊り現場を見てしまった」「新宿駅南口で人が首吊りしてたわ」とTwitter上で次々と報告。さらに、スマートフォンで男性の姿を撮影し、中にはその写真をTwitter上に投稿するという行動に移した人もいた。

 人通りの多い場所での自殺という情報、ショッキングな写真はリツイートされ、爆発的に拡散した。イランのソレイマニ司令官殺害や日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の逃亡といった大きなニュースが報じられる中、「首吊り自殺」がTwitterの日本のトレンド1位に。多くのメディアが報じていないにもかかわらず、ネットでは一番の話題になった。

 事故や事件が起きると、周りの人がスマホを構えるのが当たり前の時代。去年10月、JR新宿駅で人身事故が発生した時も、事故現場をスマホで撮影する人たちに対し「撮影はご遠慮ください。モラルを守った行動をお願いします」というアナウンス放送が流れたことが話題となった。

 SNSで事故や事件の写真が出回ることについて街の人からは、「見て不快に思う人もいるから、(拡散は)判断が大事かなと思う」「事件現場じゃなく災害とかだと写真におさめたい気持ちは分からなくもない」「(カメラを)向けちゃう人がいるもの仕方ないというか、(撮る人も)いるんじゃないか」といった意見が聞かれる。

写真が拡散された背景について、臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「撮影して晒す人は特異な欲求(注目願望・愉快犯的発想・正論モンスター的思考)が心理的背景にある」との見方を示す。ただ、写真を撮影してアップまでしている人はごく少数だとし、「既にアップされている情報にリプライやリツイートするだけなら特別な背景心理がなくとも起こる。一般的に人は常に新しい情報や刺激を求めているので、それへのリアクションは日常の行為になっている」「例えショッキングな写真が対象であっても、ネットでは現実感が薄く、集団では個人の責任が分散される。SNS上には厳格なルールがないため、“価値基準の混濁(何がやってもよいことで、何がやってはいけないことかが明確に認識されづらく、その場の状況や判断、文脈により、基準がコロコロ変わり一定しないこと)”が起こりやすい」とした。

 一方、拡散の仕組みについてBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「ネット上では人の不幸に対してアクセスが集まりやすい。リツイート目当てで投稿されたものがまとめサイトやトレンドブログに取り上げられ、二次的・三次的に拡散される状況が起きたのでは」と分析。さらに、自殺願望を持つ人に影響を与えてしまうことを懸念し、「『死にたい』とうっすら思っている、境界線でグラグラしている人がいた時に、そのリツイートが最後のひと押しになってしまう可能性がある。投稿を目にした場合には拡散に慎重になってほしい」と訴えた。

 では、そのような投稿を目にした時にどのように対策すればいいのか。藤井氏は「自分が二次的な発信者にならないために一切反応しないこと(運営者等への通報は除く)。例えば発信者の行為を非難する否定的なリプライや、問題提起のための引用リツイートであっても結果的には拡散につながる」とした上で、「SNS上で自分がしようとする行為を、現実の生活の中でもするかどうか自己確認することが大事」だと促す。「例えば、不幸な場面の写真撮って学校や会社で友達に見せびらかしまくるか?あるいは、自ら命を絶った人を卑下するようなことを口に出して言うか?不謹慎なことをしている知らない人を街中で見たら、煽ったり、必ず注意するか?などと考え、現実の生活でやらないことはネット上でもやらないように心がけるべき」とした。

 Twitterでは、自殺に関する検索を行った時に、検索結果の一番上に専門団体を案内するようになっている。しかし、神庭氏はこの対応だけでは足りない部分があるとし、「もう一歩進めて、例えば遺体の写真が表示されないようにするとか、トレンドに上げるべきではないと判断して落とすとか、プラットフォーマーの責任としてできることがあるのではないか」と問題提起した。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

映像:自殺現場のSNS拡散に街の声は

AbemaTIMES

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ