「大変でしたけど、無事戻ってきました」堀ちえみ“徹子の部屋”出演反響に涙

1月8日(水)12時18分 AbemaTIMES

 去年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けていたタレントの堀ちえみ(52)が1月7日、テレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」に出演し、手術後初めて肉声で闘病生活について語った。

 冒頭、ファン向けて「大変でしたけど、無事戻ってきました」と挨拶した堀。司会の黒柳徹子は「本当に元気で、私も会えて嬉しいと思います」と再会を喜んだ。

 舌の6割以上を切除する大手術を受けた堀は、手術後のリハビリについて「舌から血が出るんじゃないかというくらい一生懸命に喋って。一音一音、一語一語組み立てて…練習して、発語できるようにここまでトレーニングして、頑張りました」と振り返った。また、闘病中に黒柳から励ましの手紙をもらったといい、「短期間に2度もがんの告知を受けて落ち込んでいる時に黒柳さんから素敵なお手紙を頂いて、すごく心の支えになりました」と涙を流しながら感謝した。

 テレビ復帰を果たした、堀のブログには放送直後から応援のコメントが相次いで寄せられた。その後、堀は「皆様に感謝です!」というタイトルでブログを更新し、「こんなに沢山のコメントを、本当にありがとうございます。いただいた全てのコメントを、涙・涙で読ませていただきました」と感謝の気持ちをつづっている。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶︎動画:堀ちえみ「すごく心の支えに」黒柳徹子に感謝

AbemaTIMES

「堀ちえみ」をもっと詳しく

「堀ちえみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ