「知らなくていいコト」吉高由里子、十八番の“お仕事ドラマ”で今度は記者!

1月8日(水)10時15分 アサジョ

 1月8日夜10時にスタートする吉高由里子主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)。記者の真壁ケイト(吉高)の母・杏南(秋吉久美子)は、シングルマザー。その母が、父親の名は“キアヌ・リーブス”とだけ言い残し亡くなる。ハリウッドスターのキアヌ? それとも…。

 後日、映画翻訳家だった母の書斎からは、キアヌとのツーショット写真が出てくる。これは、一記者として大スクープでもある情報だった。

 ケイトが所属する「週刊イースト」編集部の面々として、編集長・岩谷進役には佐々木蔵之介。編集部員としては、重岡大毅(ジャニーズWEST)、本多力、小林きな子、和田聰宏、山内圭哉、関水渚ら。ケイトの元カレでカメラマン役の柄本佑、小林薫といった豪華俳優も出演している。

 脚本は、「家売るオンナ」(日テレ系)や「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系)などの作品で知られる大石静氏のオリジナルだ。

「『東京タラレバ娘』の脚本家、『正義のセ』の検事(ともに日テレ系)、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)ではソフトウェア会社のディレクターなど、お仕事系ドラマが好調な吉高が、記者に初挑戦。ケイトの父かもしれないキアヌが登場するのかどうかも、視聴者の気になるところのようです」(テレビ誌ライター)

 吉高がどのような記者像を演じるか。興味と期待が尽きない。

アサジョ

「記者」をもっと詳しく

「記者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ