土屋太鳳、声優初挑戦に緊張! 「見ていただく方に鍛えていただけたら」と覚悟

1月6日(水)11時15分 シネマカフェ

土屋太鳳/アニメ「僕だけがいない街」完成披露試写会

写真を拡大

フジテレビの「ノイタミナ」枠の新アニメ「僕だけがいない街」の完成披露試写会が1月5日(火)に開催され、声優を務めた土屋太鳳と満島真之介、赤崎千夏、伊藤智彦監督が舞台挨拶に登壇した。

三部けいの大人気漫画のアニメ化となる本作。突然、自分だけが過去の時間に舞い戻ってしまう“再上映(リバイバル)”に悩まされてきた藤沼悟は、ある大事件に遭遇したことをきっかけに成人から一気に小学生時代に戻ってしまう。そこで、悟は自身の知る過去を変えるために動き出すが…。

土屋さんと満島さんは、それぞれ悟の小学生時代、成人の声を担当しており、共にアニメ声優初挑戦。土屋さんは「悟として生きる時間は、私にとってあまりに大きな挑戦です。緊張して、真っ白になるのを通り越して、透明になりそう…」と不安を吐露。この日、上映されたのは2話までで、これからもアフレコは続くが「声優の先輩方の声は生きて見えます。圧倒されながら勉強させていただいてます」と語り、さらに「見ていただく方に鍛えていただけたら!」と叱咤を含めて受け止め、成長していく“覚悟”を口にする。

満島さんも初アフレコ体験を振り返り「緊張しました」と語るが「小さい部屋にみんながいて、密な空間でチームでやっているというのを感じて、そこに救われました」とプロの声優陣に囲まれての収録が刺激と励みになっていると語る。

赤崎さんは「スタッフさんを含め、すごく丁寧に作っている作品です。それはみなさんに伝わったんじゃないかと思います。伊藤監督がこの先の展開も、存分に見応えのあるものにしてくれると思います!」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。

もしも、実際に記憶を持ったまま過去にさかのぼるリバイバルの能力があったら? という問いに、土屋さんは「私は赤ちゃんのときに戻りたい。すごく泣く子で声が枯れていたらしいので…」と語る。満島さんはさらにさかのぼって「いまの意識を持ったまま、母のお腹の中、羊水の中を体験してみたい。記憶がないときに戻ってみたい」と明かした。

新年ということで今年の抱負を尋ねると、土屋さんは「チームを大切にしたい。昨年はチームワークの大切さを感じることが多かったんですが、いつの間にか周りに支えてもらっていたので、今年は自分から意識して、チームの魅力を噛みしめたい」と語った。

満島さんは「自分に誠実に生きたい」と宣言。悟と重ね合わせるかのように「過去、家族、自分と向き合って、そこから出てきたものに嘘をつかず、抗わずに生きたい」と抱負を口にした。

最後に土屋さんは改めて、本作の魅力について「人は一人では生きていけないし、特殊能力だけでは人は救えない。人の温かさ、魂の温かさを感じていただけたら」と呼びかけた。

「僕だけがいない街」はフジテレビのノイタミナほかにて1月7日(木)より放送開始。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

土屋太鳳をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ