宮沢氷魚、“初キス相手”藤原季節を問い詰める「…ちなみに何人目?」

1月8日(水)21時21分 クランクイン!

 俳優の宮沢氷魚と藤原季節が8日、都内で行われた映画『his』の完成披露試写イベントに外村紗玖良、今泉力哉監督と参加した。 映画『愛がなんだ』をスマッシュヒットさせた今泉監督が、男性同士の恋愛の先にある物語を描き出す本作。同性愛者の自分を隠して生きてきた井川迅(宮沢)が、8年ぶりに子供を連れて現れた初恋の恋人・日比野渚(藤原)と再会し、“家族”になろうと奮闘していく。

 映画初主演の宮沢だが、「実はほかにも初があるんです」と切り出すと「役者としての初キスシーン。ファーストキスが藤原季節でした。放送的には連続ドラマ『偽装不倫』で杏さんとのそういうシーンもあったけれど、撮影はこっちが先です」と告白。宮沢の初キスを奪った形の藤原は「僕はまったく知らなかった!」と驚き、それに宮沢は「…ちなみに何人目?」と詰めの質問。藤原が言いにくそうに「結構…。申し訳ない」と謝罪すると、宮沢は「結構…? あ〜、ショック!」とオーバーに凹んでいた。

 撮影にあたり宮沢と藤原は10日間の共同生活を行ったそうで、藤原が「超濃密な10日間」と回想すると、宮沢は「そう言うと誤解を招くからさぁ」と照れつつ「撮影期間中の唯一の息抜き。オアシスのような場所でした。ただ最初はイヤでした。撮影で朝から晩までみんなといて、寝るときくらいは自分の時間が欲しいと。でも一人になると不安になるくらい撮影も大変で…ありがとねっ」といきなり藤原に感謝。それに藤原は「唐突—!」と驚きつつ「二人で真面目な話もたくさんしたし、テレビを見たり、楽しい日々でしたね」と懐かしんでいた。

 2020年の抱負を聞かれた宮沢は「オリンピック競技を生で見てみたい。マラソンとか…あ! マラソンは北海道だ! 東京じゃなかった! なら違う競技で…」と照れ笑い。藤原は「新年の抱負は我慢! 今まであまり我慢したことがなくて、今年は我慢を覚えたい」と言いつつも、「ちょっと我慢しなくていいですか!?」と進行を中断させ「明日は紗玖良ちゃんの誕生日なので、みんなで祝福しましょう!」とサプライズ祝福を敢行する優しさを見せていた。

 映画『his』は、1月24日より全国公開。

クランクイン!

「宮沢氷魚」をもっと詳しく

「宮沢氷魚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ