ノンスタ・石田明、民放連ドラ初出演 『アライブ』第1話のゲストに

1月8日(水)7時0分 クランクイン!

 女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の初回に、お笑いコンビNON STYLE石田明が出演することが発表された。石田は民放連続ドラマには初出演となる。 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅いが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされる存在。本作では日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描く。

 腫瘍内科医・恩田心(松下)は、国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。元来負けず嫌いで大胆な面もあるが、患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけて順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に匠が転倒事故に遭い、意識が戻らないまま。いまだに現実を受け止め切れていない時、勤務先の病院に移籍してきた消化器外科医の梶山薫(木村)と出会った。“がんを切る女医”としてがんの知識にたけている薫は、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。

 石田が演じるのは殿山俊樹という男性だが、サプライズ感あふれる登場となっており、果たして殿山とはどんな人間なのか、どのシーンに出演するのか、そして心たちとどのように関わり合うのか注目される。

 「これまでお医者さんに引くほどお世話になってきたので、ドラマまでお医者さんのお世話になるとはと思いました」と話す石田。殿山役を演じた感想を「めちゃくちゃ緊張しました。みなさん器具の使い方やタイミング、スピードなんかも決まっていたので迷惑かけないようにしなくてはとドキドキしました」と語った上、「みなさん、僕を見逃さないように凝視しといてください!」と視聴者に呼びかけている。

 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて1月9日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

クランクイン!

「石田明」をもっと詳しく

「石田明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ