西郷どん 薩摩ことば再現も「何言ってるか分からない」と波紋

1月8日(月)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


1月7日から始まった、鈴木亮平(34)主演の大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合)。鹿児島を舞台に繰り広げられる本作だが、鈴木も馴染みのない「薩摩ことば」には四苦八苦のようだ。


「めちゃくちゃ難しいです。4カ月くらい撮影しているのですが、いまだにセリフの方言を覚える時間が短くならなくて……」


8日のスポーツ誌インタビューでこう明かしている鈴木。とはいえストイックで知られる彼らしく、「気持ちを込めて演じるときにアクセントがぶれてしまうので、覚えても自然と出てくる、寝てても口から出てくるぐらいのレベルまでやっておかないと」と気合い十分に意気込みを語っていた。


しかし「薩摩ことば」のクセの強さを忠実に再現しすぎるあまり、放送開始直後から《何言ってるかわからない》とネットで話題に。「字幕放送」も鹿児島弁が表記されていたことから、Twitterでは戸惑いの声があがっている。


《ドラマは面白い!でも鹿児島弁の言葉が分からない》


《外国の言葉みたい。日本だよね笑?》


《頼みの綱に字幕を見ても、こちらも鹿児島弁とな…》


ただいっぽうで、鹿児島県民からは《方言指導のお二方の「鹿児島弁を残しつつ全国の人に分かりやすく」という苦労を聞いてきたのでツイッターの「鹿児島弁がわからん」はあれでもダメか…という衝撃がすごいです》《本当のとはちょっと違うけど全国の人に分かるように相当、苦労したんだろうなぁ》と労いの声も。


言葉の壁を超えて、広く愛されるドラマになってほしい!

女性自身

「西郷どん」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「西郷どん」のニュース

BIGLOBE
トップへ