ケヴィン・スペイシーが初出廷 強制わいせつ容疑で無罪を主張

1月8日(火)15時21分 女性自身

米国時間7日、俳優のケヴィン・スペイシー(59)が2年前にマサチューセッツ州ナンタケットのバーでバーテンダーの男性の下半身を触った強制わいせつ容疑の罪状認否で初出廷した。“初舞台”の場で、スペイシーは容疑を否認し、無罪を主張した。



被害を訴えている男性は、シフトが終わった後に個人的にスペイシーと談笑し、酒をおごってもらっていたという。そのうち、スペイシーは男性の太腿に手を伸ばし、ズボンのファスナーを下ろして、約3分間にわたり性器を触り続けたとか。被害者はその様子をSnapchatで撮影し、ガールフレンドに送信したことが明らかとなっている。この映像は公判で陪審員に向けて上映される見込みだ。



スペイシーの弁護士は、当時18歳だった被害者が、スペイシーに年齢を訊かれた際に23歳と偽ったことや、「ひどく酔っ払った」と言いながらスペイシーのもとを立ち去らなかったことなどを指摘。



CNNによると、この訴訟で有罪となれば、スペイシーは最長で5年間収監されることになるという。次回の聴取は3月4日に予定されている。

女性自身

「わいせつ」をもっと詳しく

「わいせつ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ