Netflixの新ドラマ『ドラキュラ伯爵』全3エピソードの見どころと感想をレビュー!

1月7日(火)0時11分 海外ドラマboard

『Sherlock』のマーク・ゲイティスとスティーヴン・モファットが脚本・製作総指揮をつとめた新ドラマ『ドラキュラ伯爵(原題:Dracula)』が、英国BBCに続き、Netflixでも配信スタート!全3エピソードを見終えた感想や、ドラマの見どころをレビューしていきます!

『ドラキュラ伯爵』ってどんなドラマ?

『ドラキュラ伯爵(原題:Dracula)』は、マーク・ゲイティス、スティーヴン・モファット、スー・ヴァーチューなどの人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』を手掛けたチームによる、新作ミニシリーズ。

これまで幾度となく映像化されてきた、ブラム・ストーカーの古典怪奇小説『吸血鬼ドラキュラ』に、斬新なツイストを加えた仕上がりになっています。

英国BBCとNetflixの共同製作で、2020年1月1日〜3日にかけてイギリスBBC Oneで全3話が放送され、1月4日にはNetflixで日本でも配信がスタートしました。

マーク・ゲイティスの子供の頃からの夢だというドラキュラのドラマ化…これは観ないわけにはいかない!

というわけで、イギリス在住の筆者は、もちろん元旦から3日間、『ドラキュラ伯爵』の全エピソードを視聴したので、見どころや感想をレビューしていきたいと思います。

できるだけネタバレは避けていますが、「まっさらな状態で観たい!」という方は、先にドラマを観てくださいね!

主要キャストについては、『「シャーロック」製作陣による新作「ドラキュラ伯爵」ってどんなドラマ?放送日は?』でご紹介しています♪

「シャーロック」製作陣による新作「ドラキュラ伯爵」ってどんなドラマ?放送日は? | 海外ドラマboard

では、まずは『ドラキュラ伯爵』の見どころからどうぞ!

ドラマ『ドラキュラ伯爵』4つの見どころ

『ドラキュラ伯爵』を観るときに、ぜひ注目してほしいポイントを4つシェアしたいと思います!

1.じわっとくるブラックジョークが炸裂

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=1&ref_=ttmi_mi_sm

そうなんです。ドラキュラ伯爵が、ジョークを言うんです…(^^;)
それも、じわじわくるイギリスらしいブラックジョーク。
たとえば…
ジョナサン・ハーカーに「なぜロンドンに行きたいのか?」という質問に対して、

ドラキュラ:
”The people around here have no flavour”.
このあたりの人たちは、味がしない。

ハーカー:
“Perhaps you mean 'character'?
個性がないという意味かな?

またドラキュラは、血を吸うことで、相手の知性や能力などを自分の中に取り込んでいきます。
ダイエットには気を使っているという、ドラキュラのこの発言…

“You are what you eat.”
人は食によって決まる。

日常的に使われる定番フレーズも、ドラキュラが言うと、そのまますぎて笑えます。

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=3&ref_=ttmi_mi_sm

さらに、狼の体のなかに身を隠して修道院にやってきたドラキュラは、大勢の修道女たちの目の前で、グロテスクに狼の毛皮を脱ぎながら一言。

“I don't know about you girls, but I do like a bit of fur.”
君たち女の子はどうだか知らないけど、僕はちょっと毛がある方が好きなんだ。

シーズン3で、被害者の妻が、姿が見えない夫について、”Is he drunk?(彼、酔っ払ってるの?)”とドラキュラに聞いたときの答えがまた秀逸で…

“Drunk? Well, that's certainly one way of putting it. “
Drunk(酔っ払っている/(血を)飲まれた)?まぁ、確かにそういう言い方もあるね。

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=3&ref_=ttmi_mi_sm

またウィットのきいたセリフに関しては、ドラキュラだけでなく、シスター(修道女)・アガサも負けていません。

ドラキュラの城から逃れて修道院に保護されていたジョナサン・ハーカーが、どうやって自分の身元やフィアンセの所在を突き止めたのか?という質問に対して、シスター・アガサが、

“I have a detective acquaintance in London.”
ロンドンに探偵の知り合いがいるの。

と言ったときは、視聴者全員がシャーロックを連想したことでしょう!

ほかにも、ドラマを通してこの2人の台詞には、こういったジョークや皮肉がたくさん散りばめられているので、ぜひ注目しながら観てほしいです☆

2.ドラキュラとヴァン・ヘルシングの関係

原作やこれまでのドラキュラドラマや映画と、このドラマの大きな違いは、ドラキュラと敵対するヴァン・ヘルシングの関係性です。

もちろん、ヴァン・ヘルシング教授がドラキュラを倒すべく戦う、という設定は原作通り。

でも、このドラマでは、ドラキュラやヴァン・ヘルシング自身のキャラクターやバックグランドが丁寧に描かれていて、むしろ愛を感じてしまいます。

宿敵でありながら、一番の理解者…。
ルパンと銭形警部のような感じでしょうか?ちょっと違うか…

3.原作へのオマージュたっぷり

マーク・ゲイティスの『ドラキュラ伯爵』は、かなり原作にアレンジが加えられています。

とくにシーズン3では、度肝を抜かされました!

それでいて、原作と同じ名前の登場人物がしっかり登場するので、原作を知っている方なら、より楽しめます。
これは、BBC版『SHERLOCK』と同じですよね。

また、吸血鬼は十字架が嫌い、日光を見ると死ぬ、招待されないと中に入れないなどの『伝説はどれもわけわからないけど、効くのよ』というパロディ要素もたっぷり。

シスター・アガサが伝説のひとつをドラキュラに試して『伝説は、本当なのね〜!』と、ものすごい危機状況で喜んでいるのも笑ってしまいます。

4.ドラキュラ伯爵の英語の進化がすごい

ドラキュラ伯爵を演じているのは、デンマーク出身の俳優クレス・バング。

これまでのドラキュラとはちょっと違い、セクシーでチャーミングなジェームズ・ボンドのようなドラキュラです(^^)

さて、そんなクレス・バングはドラマの冒頭では、これでもかというほどの東ヨーロッパ訛りの英語をしゃべっています。

それが、急激に上達していき、エピソード1が終わることには、完璧な南ロンドン訛りの英語に仕上がっていたのにはビックリしました!!(ドラマ内では、ドイツ語も披露!)

一方、シスター・アガサを演じる英国女優ドリー・ウェルズが、強いドイツ訛(オランダ訛?)の英語。

のちにイギリス英語とドイツ訛の英語を上手に使い分けていたのは、さすが実力派俳優!と唸りました。


さてつぎは、エピソードごとの感想レビューです。

『ドラキュラ伯爵』エピソード1の感想

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=3&ref_=ttmi_mi_sm

エピソード1は、全3話のなかでも、もっとも怖いエピソードでした!

ドラキュラの城から命からがら脱走して、修道院に保護されたジョナサン・ハーカーが、シスター・アガサに恐怖体験を語るところから物語はスタート。

グロテスクな恐怖シーンと、シスター・アガサの(ときに下ネタを交えつつ)皮肉のきいた台詞が絶妙。

ホラードラマとしては、ものすごく良くできているけど、原作通りのクラシックなストーリーでいくのかなぁ…と見ていたら!!!
やはりそこは、マーク・ゲイティスxスティーヴン・モファット!

途中から、あっと驚く事実が続出。

SNSの反応や、イギリスのメディアでのレビューでも、かなりの高評価を得ていました。

『ドラキュラ伯爵』エピソード2の感想

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=3&ref_=ttmi_mi_sm

エピソード2は、ドラキュラがロンドンに上陸するために乗り込んだロシア船が舞台。

エピソード1ほどの怖さはありませんでしたが、ストーリーにツイストがきいていて、興味深いライスシーンで終わります。

被害者となる船の乗客や乗組員たちにも個性があり、一人ひとりの背景が描かれているのも、芸が細かいなぁと感心しました。

『SHERLOCK』のアンダーソン役を演じたジョナサン・アリスも、いい味を出していて、途中でちょっと、うるっと感動(^^;)

『ドラキュラ伯爵』エピソード3の感想

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=2&ref_=ttmi_mi_sm

エピソード3の舞台は、ロンドン。

原作でのメインの被害者ルーシーも登場するのですが…かなり、大胆なアレンジが加えられています!!!

これ以上書くとネタバレになるので、控えますね(^^;)

エピソード3については、評価が賛否両論にわかれるののでなないかなぁ…と思います。

ただ、これまでのエピソードのなかでも、ドラキュラの心情に深く踏み込んだエピソードであることは、間違いないでしょう。

まとめ

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaindex?page=3&ref_=ttmi_mi_sm

『ドラキュラ伯爵』は、3エピソード(1話90分)のミニシリーズらしく、内容がしっかりしたドラマでした。
シーズン1でキレイに完結しているので、シーズン2の製作はないと予想しています。

個人的には、エピソード1>エピソード2>エピソード3の順番で、おもしろさが減速したようにも感じましたが、これまでのドラキュラドラマ・映画にはない、ウィットに富んだ内容や台詞には大満足!

ジェームズ・ボンドばりのダンディーなドラキュラ、クレフ・バングも適役でした☆

これからもう一度、じっくり観返したいと思います!

おすすめ度:★★★★☆

海外ドラマboard

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ