【2020年】年始に大きな話題となっている海外ドラマ3選

1月7日(火)20時35分 海外ドラマboard

2020年の始まりと共に大きな話題になっている海外ドラマ3作品をご紹介!

https://www.imdb.com/title/tt5180504/mediaviewer/rm880577537?ref_=tt_ov_i

『ウィッチャー』(Netflix)

配信開始:2019年12月
配信:Netflix
製作総指揮:ローレン・シュミット・ヒスリック
出演:ヘンリー・カヴィル/フレイヤ・アーラン/アーニャ・シャロトラ/アンナ・シェイファー ほか

人気RPGゲーム『ウィッチャー』シリーズの原作者アンドレイ・サプコフスキによる世界的ベストセラー小説をドラマ化した『ウィッチャー』。

エルフやドワーフといった種族が暮らす世界を舞台に、モンスターハンターを生業とする‘‘ウィッチャー’’の主人公ゲラルトが、陰謀渦巻く戦乱の世の中で、自身の居場所を探しながら、強大なパワーを持った魔女のイェネファーや‘‘シントラ’’と呼ばれる王国の若きプリンセス・シリらと運命的な出会いを果たし、過酷な戦いの旅に出ることになる。

RPGゲームファンなら誰もが知る名作ということで、配信開始前より、かなりの注目度を集めていた作品。
主演は『ジャスティス・リーグ』スーパーマン役で有名なヘンリー・カヴィル。
大のゲーム好きである彼がゲラルト役をどのように演じているのか、必見のシリーズだ。
史上空前のメガヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の後継的作品、あるいは同作を超えるとも言われており、まさに超期待の海外ドラマである。
2019年12月に配信開始されるや、全世界で大きな話題となり、すでに3周したというファンもチラホラ。
エピソード数も少ないため、イッキ見におススメだ!

https://www.imdb.com/title/tt8111088/mediaviewer/rm4266234113?ref_=tt_ov_i

『マンダロリアン』(ディズニーデラックス)

配信開始:2019年12月
配信:ディズニーデラックス
製作総指揮:ジョン・ファヴロー
出演:ペドロ・パスカル/タイカ・ワイティティ/ニック・ノルティ/ヴェルナー・ヘルツォーク/ジャンカルロ・エスポジート/カール・ウェザース ほか

マーベル・シネマティック・ユニバース『アイアンマン』のジョン・ファヴローが製作する『マンダロリアン』。

本作は、惑星マンダロアの戦闘種族マンダロリアン族の生き残りでバウンティハンターのマンドーが、銀河をまたにかけて、あるものを運び届ける任務を帯びるストーリーが繰り広げられる。
惑星マンダロアの民とは、ボバ・フェットやジャンゴ・フェットといったキャラクターが身に纏っていた装甲やTVアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』に登場するサビーヌ・レンなどのキャラクターでおなじみの種族だ。
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1985)で帝国軍が崩壊を遂げてから、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でファースト・オーダーが台頭するまでの間の時代を舞台にしている。

誰も見たことがないような新たな『スター・ウォーズ・サーガ』が語られており、ファンは歓喜!
全8話構成で『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティらが出演のほか、エピソード監督を務めていることでも話題となっている。
主演は『ゲーム・オブ・スローンズ』オベリン役で有名なペドロ・パスカル。
1975年生まれの彼は『スター・ウォーズ』を観て育った世代のため、演じることが楽しかったとも語っている。

日本では2019年12月26日よりディズニーデラックスで配信開始となっており、第1話のラストで描かれる衝撃の展開にすでに驚かされたファンが続出!
現在は第2話までが配信となっており、毎週金曜日の新エピソード配信を今か今かと待ちわびるファンであふれかえっている。

https://www.imdb.com/title/tt9139220/mediaviewer/rm1483375361?ref_=tt_ov_i

『ドラキュラ伯爵』(Netflix)

配信開始:2020年1月
配信:Netflix
製作総指揮:マーク・ゲイティス/スティーヴン・モファット
出演:クレス・バング/ドリー・ウェルズ/ジョン・ヘファーナン ほか

世界中の人々を恐怖に陥れているドラキュラ伯爵の伝説が、『SHERLOCK/シャーロック』製作陣のもと、新たな物語となって蘇る・・・。

ドラキュラ伯爵の城から命からがら逃げ出してきたという法律家が、風変わりな修道女と共に、自らの記憶をたどり始めることから物語が幕を開ける。
特筆すべき点は、その世界観だ。
どこか寂し気な空気を漂わせるダークな映像が目を惹く中に飛び散る鮮血が強烈なインパクトを残す。
これまでにはなかった『ドラキュラ伯爵』の新たな魅力を醸し出すと共に、どこか怪優ベラ・ルゴシが主演を務めた1931年の映画『魔人ドラキュラ』をも彷彿とさせる出来栄えだ。
全3話構成のため、すでにシーズン1を観終えてしまった視聴者も多く、恐怖ドラマでありながらも、どこか惹きつけられてしまうといった感想が飛び交っている。

2020年は始まったばかりであるが、年末からすでに観たい海外ドラマがたまりにたまってしまっているというファンも多いようだ。
もしも、この中に気になる作品があるのであれば、迷わず目を通すことをおススメしたい!
ここで紹介した3作品は、2020年の傑作ドラマの上位候補といえるだろう。

海外ドラマboard

「海外ドラマ」をもっと詳しく

「海外ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ