『今日の恋愛』イ・スンギ「個人的に“サム”という単語が好きじゃない」

1月8日(木)12時50分 KEJNEWS

【8日=KEJ金善花】新年最高の期待作『今日の恋愛』がスペシャル映像を公開した。

今回公開された映像「本当の恋愛を語る」ではパク・ジンピョ監督とイ・スンギ、ムン・チェウォンの恋愛についての素直な胸の内が語られている。まず、韓国で昨年頃から良く使われている恋愛における異性をさす言葉、“サム”とは一体なんなのかというテーマにムン・チェウォンは「“サム”は男女間において恋愛してみようという気持ちが2人の内、1人にはあるけど、なかなか踏み切れない関係を表現した言葉だと思う」と定義づけた。パク監督は「愛にはいくつかの段階があるが、その最初の段階がサムだと考える。最近はサムで立ち止まり、そこを楽しんでいるようだ」と新造語サムの流行と気軽な出会いと真剣になれない関係が溢れる最近の若者の男女の恋愛への問題点も提示した。

イ・スンギは「人間の最も偉大なファンタジーである愛を軽く考えてるようだ。愛という感情を大切にしてほしい」と真剣に話しながら「パク監督の恋愛や愛への視点がすごく好きだ。『今日の恋愛』が本当の恋愛についてトークしていることも素晴らしい」と映画への愛情も見せた。

ムン・チェウォンは「『今日の恋愛』はサムになって虚しさを感じたり、サムを楽しみながらも疲れたりしている人々が見るべき映画だ」と作品への自信を示し、パク監督は、「観客が周囲の人への大切さに気付いてくれたら嬉しい」とサムに終止符を打って愛を深めてくれることを願った。

映画『今日の恋愛』はサムに疲れたり、愛に臆病になっている現代の若者の姿を描いき共感を呼ぶことが期待されている。今回の「本当の恋愛を語る」で最近の恋愛についての傾向を話題にあげ、本当の愛の意味を伝えようと観客の心を掴みにきているようだ。

監督、俳優らの「本当の恋愛を語る」スペシャル映像を公開した『今日の恋愛』は本気の恋愛に一歩踏み出せない若者の姿をリアルに描いたラブストーリーで、1月15日公開される。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

恋愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ