注目ワードガンダム・お台場 ミュージカル・市村正親 アニメ・TVアニメ ドナルド・トランプ・大統領 高畑淳子・裕太の質問を口 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「お前はオッパイのでかい人形」 笑顔でトラウマを語るスイカップ

メンズサイゾー1月8日(水)14時30分
画像:「お前はオッパイのでかい人形」 笑顔でトラウマを語るスイカップ
写真を拡大

 7日に放送された『解決!ナイナイアンサー2時間SP』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーの古瀬絵理(35)が登場。久々のバラエティ番組出演を果たした。


 この日、番組では「心のしこり旅」の第2弾が放送され、ゲストとして古瀬のほかに、女優の久保田磨季(40)やグラドルの手島優(31)などが出演。それぞれが持つ過去のトラウマを語るという内容だった。


 そんな番組の中で古瀬は、以前スイカップアナとして注目された経験から、ずっと「男は胸目当て」だと思っていたと告白。男性の目線がトラウマだと悩みを打ち明けた。


 「胸が大きいのは当たり前」だと思っていた古瀬は、当時「どうにかキレイに見せよう」ということだけを考えており、「自然に腕を出していたり、胸元が少し開いた洋服を選んでいた」という。オッパイが大きいことは自然なことで、それをわざわざ隠す必要はないと考えていたわけだ。しかし、それが災いしてか、スイカップアナとして注目を集めるようになると、そうした彼女の姿勢に対して、「品がない」や「淫乱っぽい」といった言葉がかけられるようになったという。そんなことが続くと、やがて古瀬は、“オッパイが大きいことは悪いことなのかもしれない”と思うようになり、「何か羽織る」ようになり、胸を隠すため「猫背」になってしまう。そして、週刊誌の記者やテレビのカメラなど来るようになると、「ありがたいことではあるんですが、自分の殻に閉じこもってしまって、会社に行くのが嫌になった」のだという。


 また、古瀬は当時彼氏がいたことを告白し、その彼までが「ちょっとその服やめたら?」と言ってきたことを暴露する。話題になるのは嬉しいが、胸の大きさだけが一人歩きして、とにかく「混乱」したと古瀬は振り返る。


 さらに彼女は、たとえ“いい人”ができて、付き合うかなという段階になったとしても、“ホントに大きいんだね”とオッパイを指摘されると、興ざめしてしまうほど、自分の胸に対して過敏に反応してしまうことがあったという。また、男と別れる際にも、「そばに置けばちょっと格好がつくオッパイの大きい人形だった」と言われたことがあったと告白。オッパイばかりに目を向ける男への不信感を語った。


 自分では自然なことだと思っていたオッパイだが、メディアに注目されたことにより、それがコンプレックスとなってしまった古瀬。しかし、あるスタッフに「自分が持っているものを出し惜しみするのは可能性を潰すこと」と言われたことをきっかけに、グラビア写真を撮ることを決意したという。コンプレックスを武器にし、トラウマを乗り越えたと古瀬は振り返る。


 自分の嫌だった部分をさらけ出すことによって、新たな一歩を踏み出したという古瀬。なんと逞しく、感動的な話だろうか。古瀬の姿勢には見習うところが多くある。しかし気になるのは終始彼女が笑顔で話していたということ。普通、心のしこりを吐露する場合は、どこか切実さが伴うものだ。だが彼女はそんな表情は微塵も見せず、笑いながら過去を振り返る。それほど吹っ切れてしまっているということなのだろうか。


 スイカップアナとして注目され、今になって実はその当時は辛かったと告白した古瀬。先日、美奈子(30)が背中に入っているタトゥーを披露して話題になったが、どこか2人には共通する部分があるように思える。“話題の後だし”とでも言おうか。暴露ネタを提供することでメディアに登場する点は共通しているといえるだろう。どうやら最近のバラエティはトラウマでも告白しない限り出られないらしい。逆に言えば、そうすれば簡単に出られるということなのだろう。美奈子はメディアに出てきたばかりということで少しは注目されるのもわかるが、今さら古瀬を取り上げるのには首を傾げてしまう。そもそも彼女たちの需要とはその程度なのかもしれないが…。しかし、やがて暴露ネタも尽きるだろう。そのときが彼女たちの潮時であるのは言うまでもない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「トラウマ」をもっと詳しく

注目ニュース
高畑淳子、息子・裕太の質問を口ふさいでガード「暴力的ですみません」 オリコン8月23日(水)12時21分
女優の高畑淳子(62)が23日、都内で行われた舞台『土佐堀川近代ニッポン—女性を花咲かせた女広岡浅子の生涯』製作発表会見に出席。[ 記事全文 ]
坂上忍の政治家への皮肉に「失礼」「礼儀知らず」と批判続出 まいじつ8月23日(水)11時0分
(C)まいじつ8月22日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で、MCの坂上忍が閉会中の国会議員の行動を批判した。[ 記事全文 ]
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場! アサ芸プラス8月23日(水)9時59分
人気芸能人たちが教壇に立ち、自らのしくじり体験を告白するバラエティ番組「しくじり先生俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)が、10月期の改…[ 記事全文 ]
小嶋陽菜&宮脇咲良「世界で最も美しい顔100人」にノミネート<これまで発表された日本人男女候補者> モデルプレス8月23日(水)12時3分
【小嶋陽菜・宮脇咲良/モデルプレス=8月23日】タレントの小嶋陽菜とHKT48/AKB48の宮脇咲良が米国の映画情報サイト「TCCandl…[ 記事全文 ]
視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か まいじつ8月22日(火)21時30分
(C)Shutterstock窪田正孝が主演する連続ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)に対し、「ストーリーが破綻してついていけな…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア