乃木坂46・深川麻衣、愛され度No.1メンバーの卒業に驚きと悲しみの声

1月8日(金)17時0分 メンズサイゾー

 アイドルグループ・乃木坂46の深川麻衣(24)が、卒業を発表してファンの間に波紋が広がっている。


 深川は、7日に更新した公式ブログの中で、「私は次の14枚目シングルで乃木坂46を卒業することを決めました」と明言。1年ほど前から意識し始めていたことで、関係者と何度も話し合って決断したという。


 グループへの感謝と愛着を語りながら、「一度ゼロになり、新しい一歩を踏み出したい」と綴った深川。具体的な卒業時期は3月23日発売の最新シングルの活動や、現在決まっている握手会などに出席するため6月ころになるようだ。


 突然の発表にファンらは動揺。「深川卒業」の一報は瞬く間にネット上に広がり、驚きと悲しみの声を上げている。もちろん、ファンの中にはさらなる飛躍を期待する人も多い。ただ、やはりグループにとっては大きな痛手になりそうだという。


「2011年に1期生として乃木坂46に加入した深川さんは、サードシングル『走れ!Bicycle』で初めて選抜入りし、その後は選抜常連メンバーとして活躍してきた。グループ最年長である彼女は、メンバーの誰もが慕っており、優しい性格と穏やかな笑顔から"聖母"と呼ばれています。ファンにもそれは浸透しており、彼女の握手会の対応はAKBグループでもトップクラスの丁寧なものだと評判です。実際、握手会人気は抜群で毎回のように長蛇の列ができる。乃木坂46にはエースと呼ばれるメンバーが何人かいますが、深川さんは隠れ人気ナンバーワンといえますね」(アイドルライター)


 深川の卒業によって、ファンたちは「グループが弱体化してしまうのでは」と心配を寄せている。乃木坂46といえば、ファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルも務める西野七瀬(21)や、グラビア人気も高い白石麻衣(23)などの名前を思い浮かべる人も多いだろうが、深川の抜けた穴はかなり大きくなりそうだ。


「正統派なルックスと柔和な雰囲気で人気の深川さんは、清純さをウリにする乃木坂46のイメージにピッタリ。これまで、シングル楽曲でセンターを務めたことはなく、あまり目立つタイプではありませんが、ひたむきに活動を続ける姿は好感度も高い。年齢的なことを考えれば次のステップに進むことは妥当とも言えそうですが、昨年の『NHK紅白歌合戦』で念願の初出場を果たした乃木坂46は、さらに勢いに乗るのではとの期待も大きかったため残念がる人も多いですね。まあ、その紅白出場がひとつの区切りとなったのかもしれませんが...。


 乃木坂46はいわゆるアイドル的な仕事のほかに本格的な舞台なども積極的に展開しており、そうした活動を通して新たな方向性を見つけるメンバーは出てくると思います。グループは違いますが、今春にはAKB48の高橋みなみさん(24)が卒業しますから、それをきっかけに大きな変動が起こるかもしれませんね。昨年の暮れあたりから総合プロデューサーの秋元康氏が自身の"卒業"をほのめかしていると話題になっていますが、現実のものとなれば、それをきっかけに離脱するメンバーが出てもおかしくない。まあ、深川さんも高橋さんも春に25歳となりますから、今後グループ内でこの年齢が"脱アイドル"のひとつの目安にはなるでしょうね」(前同)


 男性誌上で披露したグラビアでは、透明感抜群のルックスとキュッと引き締まった美尻で多くのファンを虜にした深川。そんな彼女には、卒業後グラビアに進出してほしいと願う声もある。ただ、かつて深川は「時代劇」に出演することを将来の目標に掲げており、グラビア活動よりは女優業に対する意識の方が高そうだ。いずれにしろ、ファンに愛される彼女には卒業後も表舞台で癒しの魅力を発揮し続けてほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

乃木坂46をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ