2018年はスパイ映画が豊作!『M:I6』『ブラックパンサー』など注目作紹介

1月8日(月)21時13分 マイナビニュース

近年、洋画のビッグタイトルが矢継ぎ早に公開を迎え、日本でも話題を集めているが、2018年も注目作品が目白押し。特に今年はスパイ映画が豊作で、往年の人気シリーズ待望の続編や、新たに公開される注目作品まで、さまざまな作品が公開を控えている。見逃せない4作品を紹介しよう。

○■『キングスマン:ゴールデン・サークル』 日本公開:1月5日

コリン・ファースやタロン・エガートンによるスタイリッシュかつスマートなスパイアクションでファンを獲得した『キングスマン』(2014)待望の続編。新たにチャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジュリアン・ムーアなど豪華キャストが加わり、さらにパワーアップ。超過激で爽快なアクションを見て2018年のスタートを切ろう。
○■『ブラックパンサー』 日本公開:3月1日

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へつながる重要な位置づけとなるマーベル・スタジオ最新作。超文明国ワカンダを治める国王でありながら、漆黒のスーツを身にまとったヒーロー"ブラックパンサー"でもある、2つの顔を持つ新ヒーロー初の単独映画作品だ。ワカンダの秘密を守るため、世界中へ自国のスパイを放ち国内外の敵と戦うなど、マーベル・スタジオ作品ではこれまでになかったスパイアクションの要素も取り入れられた異色作となる。
○■『レッド・スパロー』 日本公開:3月30日

『世界にひとつのプレイブック』、『X-MEN』シリーズのジェニファー・ローレンスが、『ハンガー・ゲーム』シリーズを共に作り上げたフランシス・ローレンス監督と再びタッグを組んだ、元CIA工作員という経歴を持つジェイソン・マシューズの同名小説の実写化作品。誘惑と心理操作を武器にしている主人公、女スパイ・ドミニカをジェニファー・ローレンスが演じる。そのセクシーでミステリアスな予告編にも注目が集まっている。
○■『Mission: Impossible 6(原題)』 日本公開:未定(アメリカ公開:2018年7月27日)

言わずと知れたスパイ映画の代名詞、「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作。もちろん主役イーサン・ハントを演じるのは、トム・クルーズだ。2015年に公開され大ヒットと遂げた前作『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』にも出演していたレベッカ・ファーガソンや、シリーズではおなじみのサイモン・ペッグ等も続投予定。トムがどんなアクションを見せてくれるのか、世界中の注目が集まる。

(C)Marvel Studios 2017

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

2018年をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ