香里奈から「香りという名のフェロモンが…」上白石萌音&佐藤健が絶賛

1月8日(水)14時41分 マイナビニュース

1月14日にスタートするTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜22:00〜)のプレミアム試写会&舞台挨拶が8日、都内で行われ、主演の上白石萌音をはじめ、佐藤健、毎熊克哉、昴生(ミキ)、渡邊圭祐、吉川愛、堀田真由香里奈が登壇。上白石と佐藤が、香里奈について「めっちゃいい匂いする」「香りという名のフェロモンが襲いかかってきた」と明かした。

小学館『プチコミック』で連載されていた円城寺マキ氏による同名漫画を原作とするこのドラマは、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描く胸キュンラブストーリー。偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石、七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤が演じる。

舞台挨拶では、タイトルにちなんで続けていることやこれから続けようと思っていることを「○○はつづくよどこまでも」としてそれぞれ発表。上白石は「香りはつづくよどこまでも」と回答し、「香里奈さんめっちゃいい匂いするんですよ」と、天堂とただならぬ縁を持つ謎の美女・流子役を演じる香里奈の匂いを絶賛した。

佐藤も「香りという名のフェロモンが襲いかかってきた」と共演シーンを振り返り、香里奈が「あれはハンドクリームが良くなかった」と話すと、上白石は「良くないんじゃないんです、良いんです」と言い、「素敵だなと思って、2020年は香る女になりたい。いい匂いをさせていこうかなと思います」と宣言した。

また、佐藤は上白石について「『香里奈さんがつけているハンドクリームを真似したらいいじゃん』って言ったら、『真似するのは負けた感じがする』って」と暴露。上白石はいろいろと試しているそうだが「ことごとく健さんに『その匂いは嫌だ』って言われるんです」と言い、佐藤が「ナチュラルに石けんみたいな匂い」と好みの匂いを明かすと、「それで石けんの匂いをつけていくのも悔しいんです」と笑った。

マイナビニュース

「香里奈」をもっと詳しく

「香里奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ