紗栄子、息子の教育法に持論

1月8日(月)11時15分 モデルプレス

紗栄子 (C)モデルプレス

写真を拡大

紗栄子/モデルプレス=1月8日】モデルの紗栄子が、7日放送のMBS・TBS系バラエティ番組「林先生が驚く初耳学!SP」(毎週日曜よる8時57分)に出演。「早期英語教育は必要がない」という林修先生の意見について、子どもふたりをを英国留学させている紗栄子が議論を交わす場面があった。

◆紗栄子、息子たちへ様々な習い事

2人の息子が通っていた習い事を明かした紗栄子。公文式に始まり、プログラミング、スイミング、サッカー、空手、ピアノと文武両道な習い事の数々。誰もが羨む環境だが、小学校入学までに外遊びをした頻度が高い子供ほど運動能力が高いという調査結果が紹介されると、驚きの声を。

◆紗栄子VS林先生!?その結果は…

また、以前同番組で、子どもの教育についての紗栄子の「コミュニケーションツールとして英語を持っているのは強い」という発言に、長年教育に携わっている林先生が「英語の早期教育は必要ない」と真っ向から否定したことが話題に。

今回も持論を主張した林先生だったものの、紗栄子が子どもには将来的に海外で活躍してもらうことを望んでおり、「海外で暮らすための早くからの環境作り」のための早期英語教育であることを明かすと、「だったら全く問題ない」ときっぱり。日本語と英語の間で揺れ動くのではなく「英語が思考の言語になっていく」のであれば問題無いという林先生の改めての解説に、紗栄子をはじめスタジオ一同が納得と安堵の表情を浮かべる顛末となった。(modelpress編集部)

情報:MBS・TBS系

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

紗栄子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ