浜辺美波、実写化第2弾にも出演「全部変えて演じました」<咲-Saki-阿知賀編 >

1月8日(月)2時0分 モデルプレス

浜辺美波(C)小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト (C)Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX (C)Aguri Igarashi/ SQUARE ENIX

写真を拡大

浜辺美波/モデルプレス=1月8日】女優の浜辺美波が、人気コミック「咲-Saki-」実写化プロジェクトの第2弾『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』に出演することが発表された。

麻雀競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されている世界を舞台に、女子高生たちが全国大会を目指し麻雀に打ち込む姿を描いた同作。実写化プロジェクト第2弾では、桜田ひよりが主人公の「阿知賀女子学院」高鴨穏乃を演じ、2017年12月にMBS・TBSドラマイズム枠で放送。1月20日に映画が公開される。

◆浜辺美波「咲-Saki-」にカムバック

浜辺は、前作『咲-Saki-』で主人公・宮永咲役を熱演。今作には、咲の姉であり「白糸台高校」の絶対的エースでラスボスとされる宮永照役で出演する。

咲とは全く異なる性格の照を演じるにあたり、不安もあったようだが「1年ぶりに『咲-Saki-』の現場に帰ってくることができて、非常に楽しみな気持ちでいっぱいでした」と期待感もあったと語る浜辺。前作とは全部変えて撮影したようで「お菓子を食べている照のかわいらしい部分も見てほしいです」とアピールした。

■浜辺美波コメント

照役での出演のお話をいただいて、咲とは違った魅力があるキャラクターなので、最初はそれをどういう風に演じようかという不安もありました。ただ、それよりも1年ぶりに「咲-Saki-」の現場に帰ってくることができて、非常に楽しみな気持ちでいっぱいでした。

前作とは、佇まいや声の出し方などひとつひとつ全部変えて演じました。お菓子を食べている照のかわいらしい部分も見てほしいです。私も劇場で観るのがとても楽しみです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

浜辺美波をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ