「日本アニメ」の凋落はもう始まっている

1月8日(月)19時30分 まいじつ


(C)Shutterstock



世界から見ると、日本のアニメはいまや“オワコン”なのだそうだ。過去に博報堂が行った『メイド・イン・ジャパンのブランド力』調査でも、日本アニメの凋落が浮き彫りになっている。


代わって台頭しているのが親日国家の台湾や、中国の反日アニメだ。


「同調査における日本人の回答は『日本のアニメは海外から最も評価されている』というものでしたが、欧米人の回答はというと、日本への関心は1位がカメラで、2位はゲーム。アニメは蚊帳の外でした。2年前には、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明監督が、ロシアのリアノーボスチ通信のインタビューで『日本のアニメーションは凋落しますね。もはや頂点は過ぎました。(中略)〜大体5年後には…、ともかく20年は持たないでしょうね』と話していたのが印象的で、現実その通りになってきています」(映像会社関係者)



「下請け」が「オリジナル」を作るように


ある映画批評家もこう言う。


「そもそも日本と海外ではアニメ映画の客層が違います。アメリカではディズニー、ピクサー作品のようにファミリー向けが主流ですが、日本はアニメファン向けの深夜アニメの映画化などニッチな作品が多く、『君の名は。』も高校生以上の大人向けの内容でした。総じて、日本のアニメ作品は国内や一部海外では需要があっても世界的なマーケットでは“お呼びでない”のです」


では台湾や中国の作品が台頭してきた背景には、いかなる存在があるのだろうか。


「台湾や中国のクリエーターは、ずっと日本のアニメの下請けを請け負ってきました。ですから技術力でいえば、日本と遜色ないものが作れるようになっています。中国は現在、ウェブマンガのアニメ化を行っている『絵梦』が吉祥寺にスタジオを構えたことでも話題になりました。中国のアニメ制作会社から日本のアニメ制作会社への発注も増えていますし、制作本数は日本をしのぐともいわれています」(同・批評家)


日中逆転は、重厚長大産業や電気業界だけではないようだ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ