錦戸亮『トレース』で目立ちすぎる船越英一郎に「嫌いになりそう」

1月8日(火)11時1分 まいじつ


(C)まいじつ



1月7日に新しい月9ドラマ『トレース〜科捜研の男』(フジテレビ系)がスタートした。『関ジャニ∞』の錦戸亮が主演を努めているが、主役を食う勢いで目立っているのが「2時間ドラマの帝王」こと船越英一郎だ。ジャニーズファンを中心に「目立ちすぎ」「うるさい」と苦情が飛び交うほどの反響となっている。


【関連】松居一代『バイアグラ』名誉毀損を船越英一郎が許した本当の理由 ほか


錦戸は科捜研に勤める寡黙な研究員・真野を演じ、船越は虎丸という捜査一課の刑事で部下に大声で指示を出す役だ。


虎丸はドラマ開始直後から真野(錦戸)に食ってかかった。第1話の主題となったバラバラ殺人事件で、真野は虎丸ら捜査一課の指示を仰がずに直接捜索に向かい、遺体を見つけることに成功したが、虎丸は激怒。「科捜研は言われたことだけやればいいんだよ!」とたびたび真野を恫喝する展開となった。それでも真野は独自に黙々と「捜査」を続け、真実に迫っていく。



大声で怒鳴り散らす船越英一郎


寡黙な真野だけでなく、科捜研の医科長・海津(小雪)も一同を優しくいさめるタイプで、真野の後輩・沢口(新木優子)も大人しい役柄。それだけに船越の騒々しい演技は視聴者にとって、良かれ悪かれ強く印象に残ったようだ。



《ネチッこく、ウザさを感じさせる演技力はすごい》



と船越の演技をたたえる声もあったが、



《新しい月9船越英一郎がうるさいだけやん》

《これが役柄なんだけど嫌いになりそう》

《月曜から怒鳴り散らしてるドラマ観たらストレス溜まる》



というクレームじみたコメントもあった。


さらに視聴者のツッコミはエスカレート。



《船越英一郎がどんなに怒鳴っても、私生活は松居一代で大変やしな…という目で見てしまってた》

《バイアグラの話が本当だったんじゃないかと思えるぐらいの元気さだ》

《犯人役で松居一代を投入しましょう》

《船越を黙らせるには松居一代を出すしかない》



などと投稿し、昨年の離婚騒動で大きく世間をにぎわせた松居との共演を提案する声まで出た。


久々の月9ドラマ出演で張り切っているに違いない船越だが、初回から話題になれて良かったのかもしれない。



まいじつ

「船越英一郎」をもっと詳しく

「船越英一郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ