ほしのあき“さげまん説”ザワザワ...夫・三浦皇成騎手を襲った大災難

1月8日(水)7時31分 まいじつ


(C)まいじつ 



JRA初日の1月5日、千葉県船橋市の中山競馬場で行われた第7レースで、大塚海渡騎手と三浦皇成騎手が落馬、負傷した。2人ともすぐに病院に搬送され、ともに重症だという。


【関連】ほしのあき“芸能界”に未練か…ママ友のインスタで哀しいアピールほか


「大塚騎手は2年目を迎えたばかりの新人。一方、三浦騎手はタレント・ほしのあきの年下夫としても有名ですが、2016年8月14日にも落馬し、大ケガを負って1年間の休養を余儀なくされているだけに、ここに来てネット民の間では、妻のほしのの〝さげまん説〟が囁かれ始めています」(スポーツ紙記者)


ネット上では、



《本当についてないな。ほしのどんだけさげまんなんだよ!》

《落馬はつきものとはいえ、完全に巻き添えだもんなぁ。三浦の運の悪さは奥さんのせいじゃ…》

《世の中にはあげまんとさげまんがいる。三浦の奥さんはもちろん…》

《ほしのあきには何の関係もないけど、そう思わざるを得ない三浦の運の悪さ》



など、何やら怪しげな指摘をする声が相次いでしまっているのだ。


 


三浦ファンの怒りの矛先が向いてしまう


「三浦騎手は、16年の落馬では骨盤と肋骨を骨折。折れた9本の肋骨のうち3本が肺に突き刺さるという重症を負いました。5回に及ぶ手術を経て何とか1年後に復帰しましたが、一時は引退説も流れたほどです。やっとケガを克服し、昨年は自己最多となる年間102勝を挙げ、今年はさらなる飛躍が期待されていただけに、ファンからは『またか!』と落胆の声が上がっていますよ。妻のほしのには全く関係ない話ですが、いつまでも芸能界に未練たらたらで、たびたび友人である芸能人のインスタグラムに登場しているほしのに、三浦のファンの怒りの矛先が向いてしまったのかもしれません」(同・記者)


ほしのは11年9月に三浦騎手と結婚し、翌年4月に第1子となる女児を出産している。しかし、同年12月に〝ペニーオークション詐欺事件〟に関わったとして、京都・大阪両府警から軽犯罪法違反で事情聴取を受け、その後は芸能活動を休止している。競馬ファンにとっては、三浦騎手にとってマイナスなことばかりと思う気持ちが強いのだろう。


「ほしのと結婚してから、三浦には不運続きのイメージが強くなってしまいました。もっとも、三浦騎手が壮絶なリハビリを乗り越えられたのは、献身的に夫を支えたほしののおかげでしょう。一時は離婚説も流れましたが、事故によって逆に2人の絆が強まったともいえます。ほしののそんな姿を知っている関係者からは、間違ってもさげまんなどという言葉は出てこないでしょうが、世間的にはどうしてもそう見えてしまうのかもしれませんね」(同)


今回の三浦騎手の大ケガは、完全な〝もらい事故〟によるもの。にもかかわらずとんだトバッチリを受けてしまった格好のほしのだが、沈み込まずにしっかりと夫を支え、今度こそはアンチからの中傷を吹き飛ばしてもらいたいものだ。


 


まいじつ

「騎手」をもっと詳しく

「騎手」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ