演歌版フライングゲット初披露、AKB岩佐美咲が2ndソロ発売イベントで。

1月8日(火)0時41分 ナリナリドットコム

昨年2月にAKB48初の演歌歌手としてソロデビューした岩佐美咲(17歳)が1月7日、9日に発売する2ndシングル「もしも私が空に住んでいたら」の発表イベントを東京・新橋SL広場のラ・ピスタ新橋で行った。

岩佐にとって新橋SL広場ラ・ピスタ新橋は、前作のソロデビュー曲「無人駅」発売記念イベントを行ったステージ。その出発点とも言える場所で、ソロ活動2年目に発売する新曲をお披露目することになったが、会場では約3,000人の熱狂的なファンやサラリーマンらがステージを見守った。

そんなイベントで岩佐は「今日が私個人では初めての歌唱キャンペーンになりますので、あけましておめでとうございます。今日が仕事始めの方もいらっしゃると思いますが、忙しい中、寒い中、来ていただいてありがとうございます。今日は短い時間なんですけれど、今日が第一弾ということで、私も気合を入れていきたいなと思いますので、ぜひ最後まで聴いていってください」と笑顔で挨拶。そして新曲「もしも私か空に住んでいたら」のショートバージョンをはじめ、デビュー曲「無人駅」、新曲のカップリング曲で、AKB48の大ヒット曲「フライングゲット」の演歌バージョン、さらに再度新曲(フルサイズ)の全4曲を熱唱した。

その中で新曲について「『無人駅』よりもまたさらに大人の曲だなと思います。曲名が『もしも私が空に住んでいたら』なので、希望に満ちあふれたというか、ファンタジーな曲だと思う人もいると思うんですけれど、かなり切ない曲でして、相手のことを思って身を引くという大人の曲です。曲調的には『無人駅』よりも歌謡曲っぽくて、ふだんあまり演歌を聴かない方にも歌詞がすごく聴きやすくて、(心の中に)入るんじゃないかなと思います」とアピールした。

また、この日初めて披露した「フライングゲット」の演歌バージョンについては、「最初はどうなるかなと心配していましたが、みんなが面白そうに笑って聴いてくれたので、よかったなと思います」と上々の出来に笑顔を見せた。

ソロ第1弾「無人駅」は10万枚のヒット曲となり、オリコン週間チャートで総合5位、演歌・歌謡曲チャートで1位を記録したが、「今度の新曲では、総合5位以内、前作の2倍のセールスを目指して頑張りたいですね。今度の新曲は空ということで、東京スカイツリーとか、高いところでイベントをやってみたい」と意欲を燃やしている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

岩佐美咲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ