やしきたかじんさんが64歳で死去、2012年に食道がんの診断受け闘病。

1月8日(水)0時0分 ナリナリドットコム

歌手でタレントのやしきたかじんさんが、1月3日に死去していたことがわかった。64歳だった。

たかじんさんは1986年に発表した「やっぱ好きやねん」をはじめ、歌手としてヒット曲を生み出すと共に、その切れ味鋭く、歯に衣着せぬ話術を武器にテレビ司会者としても活躍。“関西の視聴率男”と呼ばれ、お茶の間の人気を博した。

しかし、2012年1月に食道がんの診断を受け、芸能活動を休止。手術を受け、治療に専念した。その後、2013年3月に一時テレビ復帰を果たしたが、再び体調を崩し無期限の休養入り。同年12月に、交際していた30代女性との結婚を発表していた。

たかじんさんが休養入り時点でのレギュラー番組は、「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ系)、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ系)、「たかじんNOマネー」(テレビ大阪系)。現在もたかじんさん不在のまま、冠は残した状態で番組は継続している。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

やしきたかじんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ