ロビン・ウィリアムズ、ハリポタ断られていた

1月8日(日)6時57分 ナリナリドットコム

故ロビン・ウィリアムズは、イギリス人ではないという理由で「ハリー・ポッター」への出演を断られていたという。2014年8月に63歳にして自ら命を絶ったロビンは、ロビー・コルトレーンが演じたホグワーツ魔法学校の半巨人の門番ハグリッド役を熱望していたと言われている。

ロビンは同シリーズのクリス・コロンバス監督にその役を演じたいと頼み込んだと見られているが、出演を拒まれたのだという。

同映画のキャスティング監督を務めたジャネット・ハーシェンソンは、米ハフィントン・ポスト紙にこう語る。

「ロビンはあの映画にすごく出たいと(コロンバスに)電話をかけてきたんだけど、あの作品はイギリス人限定になっていたのよ」
「ロビンにノーと言ってから、ほかのイギリス人以外の人にイエスと言うつもりがなかったことは間違いないわ。そんなことあり得ないもの」

J・K・ローリングのベストセラー小説の映画化となる同シリーズについては以前、エディ・レッドメインもトム・リドル役を得られなかったというエピソードを明かしているが、スピンオフ作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」では主役のニュート・スキャマンダー役を獲得するに至っている。以前エディは「大学時代にトム・リドル役のオーディションを受けたんだけど、思いっきり失敗して、連絡はもらえなかったよ」と明かしていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロビン・ウィリアムズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ