荒川静香、3大会連続日テレ冬季五輪メインキャスターに

1月8日(月)6時0分 オリコン

日本テレビ系ピョンチャン五輪番組のメインキャスターに起用された荒川静香 (C)日本テレビ

写真を拡大

 トリノ五輪金メダリストでプロフィギュアスケーターの荒川静香(36)が、日本テレビ系ピョンチャン五輪番組のメインキャスターを務めることがわかった。2010年バンクーバー、2014年ソチと冬の五輪としては3大会連続の起用となった。14年の第1子出産以降、母となって初めての五輪キャスター挑戦となり、荒川は現地からのリポートや選手取材、スタジオからの生出演などを予定している。

 3度目のキャスターに「今まで以上に今回のオリンピックの臨場感を感じていただけるように頑張りたいと思っています」と意気込み。母となり「これまではお子様向けにスポーツの魅力を伝えるところまではいたっていませんでしたが、自分の子供も、こういうところに興味をもって、やってみたい、という一歩が芽生えるのかもしれないと思うと、未来のオリンピアン、アスリートを誕生させる力にもなるのかと。そう感じることが、子供が生まれてからの違いかなとも思いますので、伝え方も工夫していかなければと思います」と心境の変化も語った。

 今回、注目している選手として「スケート競技ではスピードスケートの小平奈緒選手は、これまでの経験がどう今大会にどう生きていくのか気になります。羽生結弦選手はフィギュアスケートでは唯一二連覇のかかった選手です。そのほか初出場にして金メダルを狙う力がある宇野昌磨選手。経験が生きるのか、それとも初出場の勢いが助けになるのか、オリンピックは普通では考えられないことが起こるのが魅力でもありむずかしさでもあると思うので、気になりますね」と紹介。

 「オリンピック直後のシーズンから負けなしの世界チャンピオンであっても、オリンピックだけ照準が合わなかったり、逆に初めて出場したのにそこに照準がぴったり合って縁があったり、毎年ではないからこその面白さ、難しさがオリンピックにはあります。オリンピックを目指すからこそ苦しいことや大変なことを乗り越えようとする、人を成長させる大きな力を、オリンピックは持っているなと感じます」と自身の経験をもとにコメントを寄せている。


<日本テレビ放送スケジュール>
2月10日(後6:55)ショートトラック 男子1500m予選・決勝、女子500m予選、女子3000mリレー予選
2月11日(前9:55)フィギュアスケート団体 アイスダンスショート・女子ショート・ペアフリー
2月13日(後0:55)スノーボード  男子ハーフパイプ予選 ほか
2月14日(後4:30)アイスホッケー  女子予選グループ第3戦 日本vs韓国
2月17日(正午)フィギュアスケート  男子フリー速報 ほか
2月19日(前9:00)カーリング女子予選リーグ 日本vsカナダ
(後8:00)カーリング女子予選リーグ 日本vsスウェーデン
2月20日(後6:55)ショートトラック 女子1000m予選、男子500m予選、女子3000mリレー決勝
2月21日(後7:00) スピードスケート 女子団体・男子団体パシュート決勝

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

荒川静香をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ