STU48、極寒の砂浜でド迫力“最強群舞” 振付・辻本知彦氏「テイク100超え」

1月8日(水)21時0分 オリコン

STU48が4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」MVで辻本知彦振付の“最強群舞”を披露(C)STU/KING RECORDS

写真を拡大

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ・STU48の4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」(29日発売)のミュージックビデオ(MV)、新ビジュアル、ジャケット写真が8日、一挙公開された。

 MVの撮影地は「日本のウユニ塩湖」とも呼ばれ、瀬戸内屈指のインスタスポットとして話題の香川県「父母ヶ浜」と、神秘的な風景の岡山県「牛窓オリーブ園」の2ヶ所。父母ヶ浜では、干潮時の砂浜の上で選抜メンバー16人が大人数のダンサーを率いてド迫力の“最強群舞”を披露する。「瀬戸内海の天空の鏡」と言われる潮たまりに、メンバーが夕焼けと共に映し出される絶景シーンも見どころだ。

 STU48の新境地を切り開くダンスシーンの撮影は、昨年12月、真冬の砂浜で、裸足で行われた。振付は昨年末の『日本レコード大賞』で大賞に輝いたFoorin「パプリカ」などを手がけた世界的ダンサー・辻本知彦氏が担当。STU48の振付は2ndシングル「風を待つ」(昨年2月発売)以来2度目となる。辻本氏は「テイク回数100回は超えていたと思います、時間のない中リハーサルと撮影で大変だったと思います、ありがとうございました。踊りも武器に、夢に向かい挑戦し続けて欲しいなと思います」と激励した。

 2019年のSTU48は、日本初の船上劇場の就航、初の全国ツアーの開催、2期研究生の加入といった大きなトピックが連続した。2020年は「これまでの自分たち=額縁」を踏破し、新たな世界へ進むという誓いを込め、MVのラストは4作連続でセンターを務める瀧野由美子が額縁を豪快に蹴り飛ばして締めくくる。瀧野は「雨に濡れての撮影でしたが、今までの枠をいい意味で壊していけたらいいなと思いながら蹴りました!」と渾身の蹴りを振り返った。

 キャプテンの岡田奈々AKB48兼任)は「今までのSTU48のシングルの中で1番攻めた楽曲・MVになっていると思います!」と自信たっぷり。「朝・夕方・夜と潮の満ち引きが激しい父母ヶ浜の砂浜で何度もダンスシーンの撮影をして、大変な思いをした甲斐がある素晴らしい完成度に感動しています…。個人的には夕陽が沈む中、メンバーと手を繋ぐシーンが大好きです」とコメントしている。

 なお、アーティスト写真およびジャケット写真は、MVと同じく父母ヶ浜で撮影。瀬戸内の海を背景にメンバーの女性としての美しさがより引き立つ仕上がりに。劇場盤ジャケット写真はMVでも印象的な夕陽のシーンが採用された。

■センター・瀧野由美子コメント「枠をいい意味で壊していけたら」

4枚目のシングルも、瀬戸内の美しい風景のもと撮影できたことがとても嬉しいです! 香川県の父母ヶ浜で撮ったダンスシーンは、時が進むにつれて朝・昼・夜と雰囲気が変わっていくのがとても素敵でした。父母ヶ浜は潮の満ち引きが大きく、夜のダンスシーンが終わった後に福田朱里ちゃんと一緒に、潮がどこまで引いているのか見に行ったのですが、あたりが真っ暗になるほど奥まで引いていて、神秘的でした。岡山県の牛窓オリーブ園では額縁を蹴るシーンがあり、雨に濡れての撮影でしたが、今までの枠をいい意味で壊していけたらいいなと思いながら蹴りました!

ダンスは、2ndシングルでもお世話になった辻本さんに今回もお世話になりました。『STU』という文字を表した振りが沢山出てくるので、是非注目して欲しいです。そして、今までのSTU48になかった、迫力のあるかっこいいダンスなので、また違った私達も見てもらえるのではないかなと思います。

今年のSTU48としての目標は、瀬戸内の皆様に愛されるグループになることはもちろん、2年前に新人賞を頂いた日本レコード大賞のステージにもう一度立ちたいです!そして、STU48としてNHK紅白歌合戦に出演して、瀬戸内の皆さん、応援してくださる皆さんへ恩返しをすることも目標です!

■キャプテン・岡田奈々コメント
今までのSTU48のシングルの中で1番攻めた楽曲・MVになっていると思います!朝・夕方・夜と潮の満ち引きが激しい父母ヶ浜の砂浜で何度もダンスシーンの撮影をして、大変な思いをした甲斐がある素晴らしい完成度に感動しています…。個人的には夕陽が沈む中、メンバーと手を繋ぐシーンが大好きです。あと、ゆみりん(瀧野由美子)の気迫とオーラを感じました。他のメンバーにも洗練された透明感と儚さを感じられて、この約3年間みんな本当に成長したなぁと勝手に親目線です…(笑)

MV撮影は、12月の極寒の中裸足で! 砂浜で! 何度もダンスシーンを撮っていたので、みんなでくっついて暖をとったり、スタッフさんが足湯を用意してくださったり、兎に角寒さとの戦いでした…!(STU48の中で)過去1番寒いMV撮影でした。

父母ヶ浜のハンバーガー屋さんの美味しいハンバーガーとポテトをみんなと食べたのがいい思い出です。1日目は晴れていて最高のロケーションだったのですが、2日目は雨が降ってしまい…。でも、完成したMVを見たら額縁を蹴り倒す濡れたゆみりんがセクシー過ぎて、雨も悪くないなと思いました(笑)

2020年はSTU48単独で『NHK紅白歌合戦』に出演すること、船で『海外公演をすること』が目標です!

■児山隆監督コメント
瀬戸内という豊穣な土地はまだまだ可能性があると思っています。それはそのままSTU48の可能性につながることを意味しているのではないでしょうか。これまでのどこか牧歌的な印象から、クールな印象へ。そんな彼女たちの「変化」の刹那を表現できていればと思っています。

■振付・辻本知彦氏コメント
2ndシングル『風を待つ』以来今回が2度目のSTU48への振付になりました。私自身同じアーティストへの振付担当は2度目です。振付の特徴としまして繰り返す事によって強さを増していけば良いなと思いその様な振付になりました。また振付の中にSTUというフレーズが入っております、探してみて下さい、撮影ではテイク回数100回は超えていたと思います、時間のない中リハーサルと撮影で大変だったと思います、ありがとうございました。踊りも武器に、夢に向かい挑戦し続けて欲しいなと思います。

オリコン

「STU48」をもっと詳しく

「STU48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ