結婚間近の松浦亜弥と橘慶太 何度か別れたがすぐヨリ戻した

1月8日(火)16時0分 NEWSポストセブン

 バルコニーから眺める満開の桜。都心から少し離れた住宅街にあるその低層マンションは、各部屋から樹齢100年の桜の巨木が見られることで人気を呼んでいた。2011年秋頃にこのマンションに移り住み、同棲生活を始めた松浦亜弥(26才)とw-inds.の橘慶太(27才)が年内に結婚することが明らかとなった。


 ふたりの熱愛がフライデーにキャッチされたのは、2005年3月のこと。当時、松浦は18才で橘は19才だったが、その時すでに交際は3年以上も続いていたという。


「ともに10代で異性のファンを多数抱えるトップアイドル同士でしたから、周囲は交際に猛反対でした。若かったから何度か別れたこともあったんですが、それでも気づけばヨリを戻していましたね」(ふたりの知人)


 10年にも及ぶふたりの交際。この間、2007年頃に、松浦は子宮内膜症を患い、2009年以降はライブ活動を休むなど仕事を制限している。そんな松浦を励まし、寄り添ってきたのが橘だった。


「デビュー以来、あややは“25才になるまでにはお母さんになっていたい”と公言していましたが、これまでお互いの立場も考えて、結婚だって我慢してきたし、デートだって自宅がほとんど。一緒にカフェに行っても、ちょっと離れた席に座って、口もきかないほど慎重に行動してきました。そんな彼女に、慶太くんは“自分が守らなきゃ”という思いを強くしていったそうです」(前出・ふたりの知人)


※女性セブン2013年1月24日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

結婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ