熱愛の少女時代ユナとイ・スンギ デートは車中で深夜1時まで

1月8日(水)7時0分 NEWSポストセブン

「互いを知り合う慎重な段階なので、温かく見守ってほしい」──堂々の交際宣言をしてみせたのは、韓国で“国民の弟”と称されるイ・スンギ(26才)と人気K-POPグループ、少女時代のユナ(23才)だ。


 イ・スンギは韓国で最高視聴率47.1%を記録し、日本でも大人気となったドラマ『華麗なる遺産』や『キング〜Two Hearts』で主演を務める一方で、歌手としても活躍。2012年3月には日本でも『恋愛時代』でCDデビューを果たしている。


 一方のユナも“少女時代の顔”として活躍しながら、女優としてもドラマ『ラブレイン』でチャン・グンソク(26才)とダブル主演を務めて話題を呼んだ。


 ふたりの交際を伝えたのは、韓国の芸能メディア『ディスパッチ』。同メディアによれば、ふたりは昨年9月から交際をスタート。10月、日本ツアーを終え、帰国したイ・スンギが真っ先に向かったのが、ユナが家族と暮らすマンションだった。駐車場でユナを乗せ、2人は漢江沿いへ。そこで1時間ほどふたりきりの時間を過ごすと、そのまま彼女を家に送り届けた。


 以降、同メディアはふたりを追い続けたが、デートはいつも車中の上に、決して深夜1時を超えることはなかったという。そのため韓国では、このビッグカップルのデートは“シンデレラデート”と呼ばれている。


「韓国では、特に若い女性の場合、厳しい門限があるんです。ですから、イ・スンギさんは家族と暮らす彼女を思いやって、その鉄の掟を守ったんでしょうね」(韓国の芸能ジャーナリスト)


 実はこのふたり、2009年からお互いに熱烈なラブコールを送ってきた。イ・スンギは、あるトーク番組で“理想のタイプ”にユナの名前を挙げ、一方のユナも別の番組でイ・スンギと答えている。2011年12月に歌番組でふたりが司会を務めた際には「私たち恋愛しましょうか?」などと言い合い、そのイチャイチャぶりが注目を集めていた。


※女性セブン2014年1月23日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

少女時代をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ