真矢ミキ、2017年の抱負は脱いだ服をハンガーに掛ける

1月8日(日)16時0分 NEWSポストセブン

今年の抱負を語る真矢ミキ

写真を拡大

 元・宝塚歌劇団花組トップスターで、1998年に同劇団を退団後は、女優として活躍している真矢ミキさん(52才)。今回は、新年の抱負として、ある生活習慣に誓いを立てる。


 * * *

 新年あけましておめでとうございます。


 みなさま、どんな年始をおすごしですか?


 私はと申しますと…、年々、ガサッガサッと音を立てるが如く年末年始のやるべきことを減らしている気がします。古くは子供の頃。


 母が台所でお節料理を作るのを「なんでお魚に昆布を巻くんだろうな」とか「ええっ、それをかんぴょうで結んじゃうの!?」「栗甘く煮詰めるんだ」とか毎年ちょこちょこ疑問に思いながら、元日の食卓に並ぶそれらを嬉しそうに食べていた。いかにも新年! という神聖なるワクワク感もマックスにして。


 しかしどうでしょう。おとなになってからは、いくつかは手作りするものの、「これは買うでいいか」となり、今やお重を丸ごと買ってしまうようなことも。…あぁ、私も現代に生きる人間よ、そして嫁よ。


 年末の一大イベントである大掃除もだんだん中掃除となり、小掃除になり…。


 そうそう、以前は年が変わる瞬間、「ああ、今年はこんないいことがあったな」と、過ぎてゆく年に思いを馳せ、お風呂や年越しお蕎麦もサッサと済ませ、心新たに除夜の鐘の音をありがたく聞きながら煩悩を祓い、新たな年の抱負を考えたりもした。それがいつの間にか抱負は湯船につかり、ゴーン、ゴーンという除夜の鐘の音を遠くに、年内にお風呂を済ませられなかった自分に「新年だからと新たな気合を入れるより、毎日の積み重ねが大切なのよ」と都合のいい、言いきかせをしてみたり。


 いいのか、こんなことで(ゴーン)。


 そこで今年はちょっと抱負みたいなことを考えてみた。


 私は朝の番組をやっているので、夜は比較的早く帰宅するのですが、それでもお友達とお食事をして一杯飲んで帰ることもある。もちろん、午前様でへべれけというわけにはいかなくて、だいたい夜9時過ぎには帰り着くわけですが、ここからの時間の使い方に、自分でクレームをつけたい。



 なぜ、そこから2時間もボーッとしてしまうのか? いえ、着替えてうがいをするところまではやるんですよ。問題はここから。


 脱いだ服をなぜかベッドの上に広げて置く。楽な服に着替え、お風呂のお湯をためながらリビングでしばしボーッとする。ボーッとしながら犬とたわむれたり。いや、心底ボーッとしたいときは、心から愛してやまない犬にでさえ「ちょっと待ってね」と言って、ボーッとする(愛犬も首を傾げてる)。


 もっとひどいときは、犬にばれないようにそーっと帰ったりする。


(もはや愛犬にとってはドロボー状態だ。…だって、犬が私に向けてくれる愛情を受け止めるには、こちらにもそれだけの気力と体力がいるのですよ)


 ようやくボーッとが終わり、お風呂に入り、「さて、明日に備えて寝るか」と寝室に行くと…。


 ベッドの上にはさきほど脱いだ洋服が広がっているわけですよ。ご丁寧に私の形をして。まるで10カウントいれられノックアウトしてるプロレスラーが天井を仰ぐように。


 やろうよ、私。


 ボーッとしていたあの時間に、ハンガーに掛けようよ。


 というか、脱いだ流れでハンガーに掛けておけば、すぐに寝られたでしょ…私は今、私の取扱説明書“トリセツ”がほしい。もっというならこんな癖があるよこの人!?といった“ヘキセツ”がほしい。


 2017年、真矢ミキの抱負。——帰宅したら、犬に「ちょっと待って」と言わず、脱いだ洋服をベッドに広げないでハンガーに掛ける。


 ……いいのか……、こんなことで……。


 ……多分いいんだ……まずは、ここからで……。


撮影■渡辺達生


※女性セブン2017年1月19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

真矢ミキをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ