矢本悠馬、柴咲コウに「付き合いたいです」共演者に可愛がられる名脇役

1月8日(月)17時0分 週刊女性PRIME

矢本悠馬

写真を拡大



「性格が合うよねって言われて。僕も本当に性格が合うと思うので、“付き合いてえ!”って思いました(笑)」

 12月14日に放送されたバラエティー番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、このように柴咲コウへの愛を語ったのは、俳優の矢本悠馬。

「NHK大河『おんな城主 直虎』で共演したふたり。大河だけでなく、春からの朝ドラ『半分、青い。』にも出演が決定しています。昨年は4本の映画にも出演した、注目の若手俳優です」(テレビ誌ライター)

 もともとは、'03年4月に公開された観月ありさ主演の映画『ぼくんち』で子役としてデビューしている矢本。同年下期の朝ドラ『てるてる家族』に出演している。

「それからはいったん演技を離れ、専門学校を卒業する'11年に俳優に復帰しました。

 同年に大人計画の研究生となり、翌年には研究生仲間とともに劇団『こまつな』を旗揚げしています。二枚目ではないものの独特の存在感があり、彼と仕事をしたがる人は多いですね」(芸能プロ関係者)

 人懐っこさも矢本の魅力のひとつ。

「柴咲さんには付き合いたいって本人に言ったそうです。で共演した広瀬すずさんには“弟かペットみたい”と言ってしまったり、先輩たちと飲みに行くこともしばしば。愛嬌があって、可愛がられているんです」(同・芸能プロ関係者)

 そんな矢本だが、プライベートでは超意外な趣味が。

「実は、乃木坂46の大ファンなんです。乃木坂の絶対的エースだった橋本奈々未さんの卒業コンサートにも駆けつけたそうですが、コンサートだけでなく、生駒里奈さんが出演している舞台などにも足を運んでいるようですね」(同・芸能プロ関係者)

 いい演技が見られるのも、乃木坂メンバーのおかげだったりして!

週刊女性PRIME

この記事が気に入ったらいいね!しよう

柴咲コウをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ