DJ KOO、高校時代はラガーマンだった! 当時のユニホーム姿を公開

1月8日(月)16時57分 Techinsight

「高校3年間はラグビーにかけてたなぁ」とDJ KOO(画像は『DJ KOO 2018年1月7日付Official Blog「高校時代はラガーマン!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

ミュージシャンでTRFのリーダー・DJ KOO(56)が、高校時代はラグビー部に所属していたことを自身のブログで明かした。若き日のユニホーム姿も公開し、「ラグビーが自分の根底を作ってくれた」と当時を懐かしんでいる。

7日に行われた「ラグビー 全国大学選手権 決勝」を観ながら、高校時代はラグビーに捧げた3年間を振り返っていたというDJ KOO。毎朝7時15分にはグラウンドに立ち、汗を流すのが日課だった。ポジションはスタンドオフで、キッカーを任されていたそうだ。

さらに7日の『DJ KOO Official Blog』には、厳しかった先輩からのしごきについて触れている。「先輩の言う事は絶対服従」で「どんな不条理?な事でも、一年生全体の連帯責任」であり、「とにかく、とにかく耐えて頑張った」と当時を振り返っている。現在はしごきに対する目は厳しいが、彼が「耐える」ことと「やり抜く」ことを学んだのは高校3年間のラグビー部時代があったからで「いつもハートにそれがある!」とラガーマンらしい熱い言葉を綴っていた。

当時の写真が公開されたDJ KOOのブログやInstagramには、「イケメンですね」「かっこよすぎる!」「体格いいですもんね KOOさん」「意外ですが、素敵です」などの声が寄せられている。

画像は『DJ KOO 2018年1月7日付Official Blog「高校時代はラガーマン!!」』のスクリーンショット

Techinsight

「DJ KOO」をもっと詳しく

「DJ KOO」のニュース

BIGLOBE
トップへ