にゃんごすたー“ドラゴンフォース”ベーシストとセッション 『伊藤政則のロックTV!』で実現

1月8日(月)18時38分 Techinsight

『KOJI & HIRO Joint Live』メンバーとにゃんごすたー(画像は『ALvino KOJI 2018年1月8日付Twitter「みんなと!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

1月13日(土)にBSフジ『伊藤政則のロックTV!』(第196回)で、ヘヴィメタルバンド「ドラゴンフォース」のベーシストとして知られるフレデリク・ルクレールと青森県黒石市出身のゆるキャラ・にゃんごすたーによるスペシャルセッションがオンエアされる。

フレデリク・ルクレールはベース以外にギター、キーボードそしてボーカルとこなすマルチプレイヤーだ。セッションミュージシャンとして数々のバンドで活動経験があり、名だたるロックミュージシャンたちと組んだバンド「シンセイナム」としても2016年7月29日にデビューアルバム『エコーズ・オブ・ザ・トーチャード』をリリースしている。

その彼とゆるキャラながらX JAPANのYOSHIKIがその実力に感心するほどドラムを得意とするにゃんごすたーがコラボするのだから、どういうことになるか期待が高まる。

2018年は1月6日・7日と行われた『KOJI & HIRO Joint Live』のスペシャルゲストに迎えられ、ドラムを叩いたにゃんごすたー。今年はますますアーティストとしての活躍が増えそうだ。

画像は『ALvino KOJI 2018年1月8日付Twitter「みんなと!」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セッションをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ