木村拓哉 今年の書き初め「挑」に込めた思いとは?

1月8日(水)20時30分 TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。1月5日(日)の放送では、2020年の抱負を込めた書き初めを披露したほか、リスナーから寄せられたメッセージに答えました。


◆求められたら全力で“挑む”
この日は2020年一発目の放送ということで、新年恒例の書き初めからスタート。「今年(の漢字)は、どうしようかなぁ……」と少し迷いつつも、木村が書き上げた漢字は“挑”。

アルバム『Go with the Flow』のリリース(1月8日発売)、さらには本作を引っ提げた「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」の開催を控え、ファン待望の音楽活動を再開させただけに、「新たにラジオとは違うマイクの前に立つことを含め、いろいろな現場、作品などで、求められたからには“全力で挑んでいきたい”という気持ちで、選ばせていただきました」と語りました。

◆過去のドラマで時の流れを実感
<リスナーからのメッセージ>
「キャプテン(※本番組の木村の呼称)、こんにちは。2020年はねずみ年ですね。自分はねずみ年なので、人生で2回目の年男です! 12年前は小学生でした。干支一周の時間の流れってスゴいですね。キャプテンもねずみ年ですよね? 拓哉キャプテンは我らねずみ年の“星”です。お互いに、最高のねずみ年にしましょう!」(23歳 男性)

木村は年男云々をあまり意識することがないようで、むしろ「干支一周で考えるよりも、ドラマの作品とかで考えちゃうんですよね。だから、12年前に“何をやっていたかなぁ?”って考えると、『CHANGE』(フジテレビ系・2008年)だね」と話します。

そのドラマについて、「小学校の先生だった朝倉啓太が、あれよあれよとなぜか内閣総理大臣になっていくっていう話をやっていましたね。そう考えると、干支一周の流れって早いかも」と振り返り、時の流れを実感した様子でした。

次回1月12日(日)の放送は、シンガーソングライターの槇原敬之さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

<お知らせ>
2020年1月8日(水)にリリースされる、木村拓哉のオリジナルアルバム『Go with the Flow』。同アルバムの発売を記念して、2月24日(月・振休)に開催される購入者限定プレミアムイベントで「木村拓哉クイズ王決定戦」を実施します!

予選会として、本番組「Flow」および無料動画配信サービス「GYAO!」で配信中の番組「木村さ〜〜ん!」にまつわるクイズを、「Flow」公式サイトにて出題。見事予選を突破した“選ばれし回答者”は、イベント会場で行われる本戦に出場できます!
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月13日(月・祝) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

TOKYO FM+

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ