ジャスティン・ビーバーのマネージャー、セレーナ・ゴメスをディスる? アンチセレーナのコメントに「いいね」し話題に[写真あり]

1月8日(水)13時14分 tvgroove

ジャスティン・ビーバーセレーナ・ゴメス

人気歌手ジャスティン・ビーバー(25)のマネージャーであるスクーター・ブラウンが、ジャスティンの元交際相手で歌手のセレーナ・ゴメスを間接的に批判したのでは、と話題となっている。

ジャスティンとスクーター

View this post on Instagram

#tbt wedding vibes. I love the way you look at my @justinbieber ???. Shoutout to @rorykramer for the shots

A post shared by Scooter Braun (@scooterbraun) on

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスは長年交際したり別れたりを繰り返していたが、最後は2018年春頃に破局。その数カ月後にジャスティンは現在の妻でモデルのヘイリー・ビーバーと婚約をした。

そんな2人は今年2020年に新アルバムをリリースすると発表。両者共に5年ぶりの新アルバムとなり、ジャスティンにとっては結婚後初のアルバムとなる。これに対しお互いのファンは一部、ネット上で競争するような発言をしている。

先日ジャスティンファンの一人が「ジャスティンの前作(パーパス)はまだ売れているけど、彼女の過去のアルバムはどこにもない」といった内容のツイートを投稿。名前は出していないが、“彼女”とはセレーナ・ゴメスを指していると予想がつく。

このツイートに対し、ジャスティンのマネージャーを長年務めているスクーター・ブラウンは「いいね」を押したのだ。これにより「スクーターがセレーナを批判した」とセレーナファンが激怒。このあとスクーターはいいねを取り消したが、スクリーンショットが現在SNSに残っている。

セレーナは1月10日に新アルバム「Rare」をリリースする。一方ジャスティンは1月3日に新シングル「Yummy」をリリースし、今年の早い段階でアルバムもリリースすると発表している。新アルバムのタイトルやリリース日はまだ発表されていないが、今年の春頃ではと予想するファンが多い。

長い休止を経て、奇しくも同じ時期に音楽キャリアへと復帰することとなったセレーナとジャスティン。ふたりとも2015年以来5年ぶりの復帰という点や、リリース時期もかなり似ている。

これに気づいたセレーナのファンは黙っていられなかったようで、ツイッター上で「#1月はRareの月(#JANUARYBelongsToRARE)」というハッシュタグを使い、ジャスティンよりセレーナを盛り上げようと呼びかける動きも見せている。

Justin Bieber - Yummy

tvgroove

「ジャスティン・ビーバー」をもっと詳しく

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ