漫才を辞めてボロ儲け!勝ち組に転身した元芸人の儲け術とは?

1月9日(月)17時59分 アサ芸プラス

 年末年始に決まって引っぱりダコになる有名人といえば、手相芸人の島田秀平。引退した感がなぜか強いが、現役のピン芸人だ。収入は当然、芸人より手相占いのほうが上。最近では過去を振り返られることが少なくなったが、元は「号泣」という漫才師だ。お笑い雑誌の取材ライターはこう回想する。

「幼なじみの赤岡典明さんが元相方で、ツッコミ担当。でも、“島田の占いが当たる”というふれこみが芸能界で広まった07年あたりから、コンビ格差が生まれて、赤岡さんは芸能界を引退。8年前に、解散しました」

 その後も島田は右肩上がり。うだつの上がらなかった漫才をスパッと辞めたのが、成功のカギとなった。同じく、コンビ芸人を解散後、新たな道で花開いた者がいる。元「ジャリズム」のオモロー山下だ。

 元相方は、渡辺鐘。世界のナベアツとして、“3の倍数と3が付く数字のときだけアホになる”ネタで一世を風靡。現在は、桂三度として落語家に転身した。

「山下は、ナベアツさんが多忙になった時期に、大好きなうどんを食べ歩き。ついには自分で麺を打つようになりました。その熱心さに胸を打たれた今田耕司と雨上がり決死隊・宮迫博之が、それぞれ500万円を出資して、12年に東京・目黒に『山下本気うどん』をオープンさせました。芸人口コミが功を奏して、1000万円の借金は3年で返済。現在も繁盛しています」

 中途半端な漫才人生に別れを告げて、真の勝ち組となった2人。才能はどこに眠っているか、わからないものだ。

(北村ともこ)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

芸人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ