広末涼子、37歳JK制服姿に「本物よりホンモノ感ある!」の声が

1月9日(火)9時58分 アサ芸プラス

 賃貸物件空室情報サービス「CHINTAI」の新CMキャラクターに就任した広末涼子。1本のCMの中で広末が10代の大学受験に合格した高校生、20代の遠距離恋愛中の女性、30代のキャリアウーマンを演じ分けているのだが、その高校生姿に大きな反響が寄せられているという。

「『本物の高校生よりホンモノ感ある』『パッと見マジで高校生!』といった声があがっているのです。広末が制服姿を見せたのは1997年7月期放送のドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)以来およそ20年ぶり。このドラマではセーラー服姿を披露していました。今回のCMではブレザーにチェックのスカート姿と、コートにチェックのマフラーを巻いた姿の2種を披露していますが、37歳とは思えない清潔感と透明感には驚きを隠せません。決していわゆる“JK扮装”には見えないところが、広末の素晴らしさであり、スゴみとも言えるでしょう。同じCMで演じ分けているピンクのブラウスに白いスカートをはいたOL風ファッションや、キャリアウーマン風のかっちりしたスーツより制服のほうが似合って見えるのは、目鼻立ちに華やかさが感じられるものの、基本的には和風な顔立ちというところが大きく影響しているかもしれません。おそらく広末は絣(かすり)のモンペ姿も似合うと思いますよ」(広告代理店社員)

 広末の制服姿なら、現役の男子高校生も翻弄できるのではないか。

アサ芸プラス

「広末涼子」をもっと詳しく

「広末涼子」のニュース

BIGLOBE
トップへ