「知らなくていいコト」吉高由里子、十八番のお仕事ドラマも視聴者は“困惑”

1月9日(木)18時14分 アサジョ

 吉高由里子主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)が1月8日にスタートし、初回放送の平均視聴率は9.4%だった。

 主人公・真壁ケイト(吉高)は、スクープ狙いの週刊誌記者。彼女の母・杏南(秋吉久美子)は有名な映画翻訳家でシングルマザーなのだが、ある日、突然「あなたの父親はキアヌ・リーヴス」との言葉を残し、急逝してしまう。

 遺品整理をしていると、若き日の母とキアヌの2ショット写真が見つかり、ケイトは父親が誰なのかを探り始める。すると、自分が生まれたころに母と交際していたと思われる人物が浮かび上がり、その人は無差別殺人の犯人だった。

 いつもは他人のプライベートを探り、スクープをものにしてきたケイトが、自身の出生の秘密こそが重大案件だと思い悩む。

 この展開に視聴者からは「恋愛ドラマなのか、お仕事ドラマなのか、ヒューマンドラマなのかよくわからなかった」「インパクトに欠けボンヤリした印象のお仕事もの。この先全く期待できません」「コメディなのかシリアスなのかわからないノリで1話終わってしまった」など、戸惑いの声があがった。

「吉高は、『正義のセ』(日テレ系)『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)とお仕事ドラマが続き、高評価を得ていました。ですが、今作はお仕事系にミステリーが加味され、恋愛もありと、まだ1話だけですが混在しすぎているような印象です」(テレビ誌ライター)

 さまざまな要素がてんこ盛りのこのドラマをどうまとめ上げるのか。今後の展開に期待したい。

アサジョ

「吉高由里子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「吉高由里子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ