【アニメキャラの魅力】病弱スポーツマンの先駆け?フィールドの貴公子「三杉淳」の魅力とは?『キャプテン翼』

1月9日(金)11時55分 キャラペディア

(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京

写真を拡大

 1981年に連載がはじまった、高橋陽一原作のデビュー作にして最大のヒット作、そして代表作である『キャプテン翼』。当時は「スポ根はもう古い」とアニメ化を躊躇されていたといわれています。なにしろ作者自身が「野球は人気があってみんなやっているから、誰もやらないのを」とセレクトしたほどです。しかしメキシコオリンピックでの釜本邦茂氏の活躍などもあり、じわじわとサッカー人気が出てきていた時期と重なったこともあり大成功をおさめました。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■完成された完全無欠のヒーロー

 小学校時代にオフサイドトラップを仕掛けるなど、(当時の小学生としては)とんでもない戦術をもった三杉淳(みすぎじゅん)くんは、東京都武蔵野市のちょっとセレブな小学校・私立東城学園出身のおぼっちゃま。なんとおうちにメイドがいます!

 若島津健くんもかなりのお金持ち描写がありますが、メイドや高級車・豪邸などの描写からも、三杉くんはさらなるお金持ちかと思われます。自宅にナイター設備のある若林源三くんとどっちがよりお金持なのか、陽一先生的にはどういう設定なのか大変気になります。

 ビジュアルに大変優れ、小学生にして「三杉淳ファンクラブ」が存在するほどのイケメン。武蔵野医科大学付属高校、海南医科大学へと進学するなど学力も優秀。さらに対清水FC戦観戦中に、南葛SCゴールキーパー若林源三くんの怪我を見抜くなど、洞察力にも優れています。小学生時代は、ブラジル代表ロベルト本郷に「完成された」選手と評されました。実際、フィールドでは翼くん、日向くん、岬くん、若島津くんなど、揃って三杉くんに歯が立たない状態。「心臓病さえなければ日本一の選手」と言われています。

 そう、なんでもできてなんでも持っている三杉くんの唯一の欠点、それが「心臓が悪い」こと。しかし、この点は腐りまくった乙女の皆さまにとっては最高にスパイシーで美味しい設定なのです。

■フィールドの貴公子

 心臓病でピッチに数分しか立てないという弱点を持つ三杉くん。当時、三杉くんの所属する武蔵FCのマネジャーをしている青葉弥生ちゃんは、毎日ハラハラ心配しています。この清楚系美少女の弥生ちゃん、実は翼くんの幼馴染でもあります。

 幼馴染特権で翼くんに近づき、翼くんに八百長を頼んでしまい、翼くんを、「心臓病なのに自分より優れている」と凹ませてしまいます。しかし、貴公子的性格の三杉はそんなことは許しません。真相を知った三杉くん。ハーフタイムに弥生にビンタをかまします。美少女にビンタ・・・。女の子にビンタするなど問題ありありですが、美少女だろうと容姿的に恵まれない子であろうと差別しないところが、ファンクラブもできるゆえんなのでしょうか?

 ビンタが効いたのか、弥生ちゃんもその後卑怯な真似をすることもなく、中学時代には三杉くんの恋人に昇格します。余談ですが「(病気があるから)一生守るとは言えない」とプロポーズは出来ないとのことです。

■ミッドフィールダーからディフェンダーへ転向

 武蔵野FC時代から中学まで、フォワード・ミッドフィールダーとして活躍していた三杉くんですが、ユースではコーチも兼任するなど洞察力に優れているため「(全日本はMFに)キャラクターがそろっている」と判断し、自らがミッドフィールダーを外れ、ディフェンダーへと転身しました。

 主なポジションは、リベロ(ディフェンダー)などですが、所属チームFC東京では、右サイドミッドフィールダーとして活躍しています。イケメンであるということやポジションが同じということで、「和製ベッカム」と呼ばれ、女性人気が非常に高い選手です。

 長時間試合に出ることが出来ないこと以外は最高のポテンシャルを持つ三杉くん。高校三年間を受験勉強と病気療養に集中することで、心臓病を完全に克服します。特にリベロに転向してからは、全日本で全試合フルタイム出場するほどのスタミナを手にいれました。医大生とサッカー選手の両立という苦難の道をあえて選ぶ三杉くん。天才というのは彼のような人を言うのでしょうね。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:藤原ユウ(キャラペディア公式ライター)

(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ