大麻農家シム『Weed Farmer Simulator』が2月28日に配信開始。一人称視点で体験できるリアルな大麻農家の姿

1月9日(木)8時2分 電ファミニコゲーマー

 ゲーム開発者のPolyák Kristof氏は、大麻を育成する農業ゲーム『Weed Farmer Simulator』の早期アクセス配信を2月28日より開始することを発表した。

 対応プラットフォームはPC(Steam)。価格は未定だが、早期アクセス終了後に大幅な値上げはないとのこと。説明では2019年から2020年半ばまで約1年早期アクセスが続くとされている。2月末に発売されれば、正式版は2021年半ばのリリースとなりそうだ。

 大麻育成シムといえば大麻の栽培だけでなく流通路を整備し大麻王へとのし上がる『Weedcraft Inc』があるが、『Weed Farmer Simulator』はタイトル通り大麻を育てる農家を体験できる。まるで『Farming Simulator』シリーズのようにリアルな大麻農家シムだ。

 ゲームは街を出て大麻を育てるための農地を購入したところからスタートする。まずは手作業でフェンスを立てて大麻を育て、お金を稼いで徐々に道具をアップグレードしていく。フェンスを立てるなら木が必要になり、周りにある木を切り倒して材料を得なければならない。

 基本的なテイストは農業シミュレーターのようだが、ゲームの視点は基本的に一人称視点のため、オープンワールドサバイバルゲームの雰囲気も漂う。ゲームプレイ動画ではじょうろで大麻に水をやる牧歌的なシーンが確認できる。

(画像はSteam 『Weed Farmer Simulator』より)
(画像はSteam 『Weed Farmer Simulator』より)
(画像はSteam 『Weed Farmer Simulator』より)
(画像はSteam 『Weed Farmer Simulator』より)

 早期アクセススタート時には実装されないが、開発中にマルチプレイを搭載する予定となっている。友人とともに大麻を栽培したり、セーブを共有したりできるという。どのように大麻が育つのか興味がある方は、Steamで『Weed Farmer Simulator』をウィッシュリストに入れ、2月28日を待って欲しい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「大麻」をもっと詳しく

「大麻」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ