ゲームボーイ、カラー、アドバンスのソフトがテレビで遊べる互換機「Retron Jr.」発表。手のひらサイズで720p出力を備える

1月9日(木)12時48分 電ファミニコゲーマー

 レトロゲーム互換機などを製作するHyperkinは、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスをテレビで遊べる「Retron Jr.」発表した。同社のレトロゲーム互換機「Retron」シリーズの新型だ。

(画像はInstagram Hyperkinより)

 海外メディアGizModeによれば、Retron Jr.はHDMIを介してゲームを720pにアップスケールしてテレビに出力する。HDMIケーブルだけでなくコンポジットで古いテレビにも接続可能だ。また、ゲームボーイ用の通信ケーブルポートも用意されているが、これがただデータ転送にのみ使えるか、あるいは通信対戦でも利用できるのかは不明だとしている。

 Hyperkinは海外メディアNintendoLifeに対し、Retron Jr.がFPGAテクノロジーではなくエミュレーションによってゲームを再生していると語っている。エミュレーション精度や、対応するゲームのリストなどは未発表。

 なおRetron Jr.の構想は2017年にHyperkinが存在をほのめかしていた。この時はかなりゲームボーイにデザインを寄せており、通信ケーブルポートはついていなかった。公開時期がエイプリルフールなだけにジョークだとも思われていたが、2017年からすでに製作に向けて動いていたのかもしれない。

2017年に公開されたイメージ

 2019年にはアダプタを交換することでさまざまな携帯機に対応する互換機「Analogue Pocket」が発表され、CES 2020ではSNESとGenesisが遊べる携帯機「Super Retro Champ」が発表された。

 また、DellはNintendo SwitchライクなポータブルPCのコンセプト機「Concept UFO」を公開し、Playdateはクランク付きの携帯ゲーム「Playdate」を発売予定。多種多様な携帯機の話題の波が押し寄せている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「ゲームボーイ」をもっと詳しく

「ゲームボーイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ