ゲームキャラクターのカスタマイズ、スライダーで細々調整するのではなくカーソルで直接操作できる時代に? EAが関連特許を出願

1月9日(木)19時16分 電ファミニコゲーマー

 国際的に法律の更新や分析を行うLexologyは、Electronic Artsが2019年に提出した特許の詳細を公開した。

 特許はキャラクターカスタマイズに関連するもので、これまでスライダーを使って変更していたキャラクターの外観をより直感的に変更するというものだ。この技術を用いることで、プレイヤーはキャラクターの顔や体型を直接カーソルで引っ張っていじることができるようになる。下の図では、キャラクターの鼻を変更する例が示されている。

(画像はGoogle Patents「Modifying a simulated character by direct manipulation」より)
(画像はGoogle Patents「Modifying a simulated character by direct manipulation」より)

 この特許は正確には「入力装置からの入力に応じ、カーソルの移動方向に基づき少なくともふたつの方向でビデオゲームキャラクター画像の部分を修正」とされている。例に挙げられているのは『The Sims 3』

 本作でのキャラクタークリエイションは、様々なスライダーがディスプレイに表示されて煩雑だったが、この特許を利用することで複雑なメニューコントロールを必要とすることがなくなり、ユーザーエクスペリエンスが劇的に向上するとされている。

 特許情報にはこの機能を実装する具体的な例が解説されているが、これらはあくまで例であり、キャラクターを入力機器で直接変化させるという概念に適用されるよう主張しているようだ。プログラミングやプラットフォーム、入力装置も限定しないため、「シミュレートされたキャラクターの修正に関する」と広範囲に渡っての特許になる。

電ファミニコゲーマー

「キャラ」をもっと詳しく

「キャラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ