亀梨和也、「現場のライブ感を大事にしたい」 後輩・高木雄也との共演も楽しみ

1月9日(火)6時0分 クランクイン!

亀梨和也主演ドラマ『FINAL CUT』場面写真(C)カンテレ

写真を拡大

 亀梨和也が11年半ぶりにカンテレ・フジテレビ系ドラマで主演を務める『FINAL CUT』がいよいよ9日より放送を開始する。母を奪った罪深き者たちを、映像を使って追い込んでいく主人公の複雑な心情を、どう解釈し、そしてどんなアプローチで表現していくのか。「誰もがSNSなどで発信力を持つ時代、善と悪のジャッジが難しい」と危機感を募らせる亀梨が、本作に懸ける思いを語った。 中村慶介(亀梨)は高校生の頃、ある女児殺害事件で母親をメディアによって犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。あれから12年、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため、“映像”を駆使して復讐を開始する。慶介が素性を隠して近づく姉妹役を栗山千明橋本環奈が務めるほか、藤木直人杉本哲太、佐々木蔵之介らベテラン勢が脇を固め、ジャニーズ事務所の後輩であるHey! Say! JUMPの高木雄也が、亀梨の復讐を助ける幼なじみ役で登場する。

 誰もがSNSなどによって映像を発信でき、指先一つで簡単に誰かを傷つける“加害者”になりうる昨今。そんな危うい時代を背景にした今回の復讐劇について亀梨は、「人間って、それぞれが自分の立場や角度を持っている生き物で、多くの人は“善”として生きようと思っているけれど、その対極にある“悪”が知らぬ間に生まれてしまっていることがある。そのバランスの難しさが、このドラマの見どころになるのでは?」と分析。

 さらに、「このご時世、誰でも気軽に何かを発信できる分、情報量も膨大になり、どんなものをキャッチするかわからないので、善と悪に対するジャッジも難しくなっていますよね。気づかぬうちに加害者になったり、あるいは被害者になったり、僕自身はSNSには疎いんですが、すごく身近にある怖さというか、この作品は現代のツボを突いている」と強調した。 今回、亀梨が演じる慶介は、明るい笑顔の裏に怒りと悲しみを抱えながら、さまざまな人物を巧みに演じ分け、ターゲットに接近していくという難しい役どころ。「台本を読んだとき、慶介は、人に対しても、出来事に対しても、“嗅覚”で判断し、生きているところが凄くあると感じました。ただ、台本で受けた印象をそのままカタチにするよりも、共演者の声や空気感を察知しながら演じ分けたほうがいいかなと思ったので、今回は“6割で現場に入ろう”と決めて撮影に臨みました」

 イメージ的には、2013年公開の映画『俺俺』に近いという亀梨。「あの作品は1人33役、もう頭では考えられなかったので、衣装を着て、そのときの感覚や流れで演じていましたが、今回もまさにそんな感じですかね。とにかく、ライブ感を大事にしようと」。また、意外にも小心者だという亀梨は、「本当はできるだけ準備したいところでしたが、僕なりに考えて、今回は“手ぶら”で行こうと。でも、皆さんと顔合わせをした瞬間、これは面白いものができる!と確信しましたね」

 後輩の高木との共演も楽しみにしていたという亀梨は、「教えることは何もないですが」と語りながらも、彼の今後の成長に期待を寄せる。「僕と交わることで、これからの活動の何かのヒントになったり、選択肢が増えたりしたらうれしいですね。僕の中に、彼が何を捉えるかは自由。僕も先輩とお仕事させていただいて、感じることがたくさんあったので、そういう存在になれたら」と笑顔を見せていた。(取材・文:坂田正樹)

 ドラマ『FINAL CUT』は、カンテレ・フジテレビ系にて1月9日より毎週火曜21時放送(初回は15分拡大放送)。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

亀梨和也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ