乃木坂46山下美月、白石麻衣との時間を「大切に大切に過ごしたい」大園&向井は涙

1月9日(木)19時5分 クランクイン!

 乃木坂46の山下美月、大園桃子、向井葉月、渡辺みり愛が9日、乃木神社で行われた「乃木坂46 新成人メンバー成人式」に参加。7日にグループ卒業を発表した白石麻衣について、それぞれが浅からぬ思いを語った。 本イベントは、乃木坂46恒例の成人式。今年は新成人を迎えた山下ら4人が艶やかな振袖姿を披露した。

 山下は「先輩方が今まで乃木神社でこうやって成人式を迎える姿を見て、私も乃木坂に加入したときに、メンバーと振袖を着て、乃木神社で成人式を迎えるのが憧れだった。今こうやってできて、すごくうれしいです」とニッコリ。

 自身の振袖について「自分では選べないので、家族に決めてもらおうと思って家族会議を開きました。『ブルーか白か、赤がいい』となって、今日の朝ギリギリまでずっと考えて、着付けの場所に着いて、何色がいいかと親に電話したら寝ていた。結局自分で決めちゃいました」と明かした。

 山下の今年の抱負は「笑顔で過ごせますように」。「乃木坂に加入してから、笑顔で過ごしている時間が増えた。アイドルでいるかぎり、ニコニコしていたほうがやっぱりかわいいじゃないですか」と照れ笑いを浮かべ、「ずっとかわいくいられるように、笑顔で過ごしてファンの方とかまわりのスタッフさんにずっと笑顔でいてほしいなという意味で、『笑顔で過ごせますように』と書きました」と語った。

 自分たち4人は今回、何世代か問われると、山下は「おめでたい世代。2020年に20歳を迎えるのもおめでたいですし、東京オリンピックがある年ですし、令和初めての成人式。たくさんのおめでたいが集まったおめでたいメンバーかなと」と恥ずかしげに述べた。

 また7日には、白石が卒業を発表。仲のよい大園は「さみしいです…」と胸の内を吐露して涙。大粒の涙をこぼしながら「白石さんが卒業されるときには、少しでも強くなったなって思ってもらえるようにがんばりたいです」と意気込んだ。

 山下は「白石さんの背中をちゃんと皆で見て、色んなことを吸収して、最後の残りの時間を大切に大切に過ごしたいという思いでいっぱいです」と言い、「乃木坂がすてきなグループであれるようにがんばっていきたいです」と決意をあらたにした。

 向井は「すてきな後輩に出会ったなと思ってもらえるように、もっといっぱいお話して、パフォーマンスもいっぱいできたら…」と話し、目に涙をためながら白石との思い出を述懐。小さく泣き声をあげた。

クランクイン!

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ