パソコンで「ミサイル」発射 その緊迫感タダものじゃない

1月9日(月)14時52分 J-CASTニュース

本体画像

写真を拡大

   センチュリーは、USB接続で楽しめる「USBスカっとミサイルランチャー」を、「白箱.com」で2011年12月22日に発売している。価格は、3680円。



4本のシリンダーにミサイル4発

   本体にある4本のシリンダーに4発のミサイルが搭載でき、シリンダーの先端にある穴から空気を噴出させて、ミサイルを発射する仕組みだ。ミサイルは柔らかいスポンジ製で、安全性にも配慮した設計になっている。


   ミサイルの発射は、パソコン上のアプリケーションで操作する。アプリケーションを起動させると操作画面が表示され、そこにはミサイルの角度調整を行う十字キーと発射ボタンがあり、マウスやキーボードで操作して砲台の上下・左右の角度を調整し、発射する。砲台の可動角度は上下30度、左右270度、ミサイルの飛距離は最長約5000mmになっていて、広範囲に発射可能だ。


内蔵カメラで相手をロックオン!

   砲台本体の前面には小型WEBカメラが内蔵され、操作画面にはカメラがとらえた動画映像が表示されるので、動画映像を見ながらより正確なロックオンが可能なほか、砲台駆動時とミサイル発射時には、効果音も鳴り、ミサイルを発射するときの臨場感、緊迫感が楽しめる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

設計をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ