活動自粛の「夢アド」山田朱莉が謝罪 でも「不適切な画像投稿」って何?

1月9日(月)16時2分 J-CASTニュース

「夢みるアドレセンス」の山田朱莉さん(一番右)が謝罪した(画像はグループ公式サイトのスクリーンショット)

写真を拡大

5人組アイドルグループ「夢みるアドレセンス」の山田朱莉(あかり)さん(20)が2017年1月8日、自身の活動自粛について、公式サイトで謝罪した。

山田さんの所属事務所は7日、「グループの活動における重大な規約違反」があったとして、活動自粛を発表していた。



「みなさんを裏切るような行為」



山田さんは謝罪文で、「軽率な行動」をとり、ファンやメンバーらに迷惑をかけたとし、


「個人のTwitterアカウントでの不適切な画像の投稿や、みなさんを裏切るような行為をしてしまい、本当に申し訳ございませんでした」

とコメント。「ファンの方をひやかすような投稿として拡散されているもの」については、


「あの投稿ひとつを見た時にそう見える書き方をした私の表現不足ですが、本当に、本当に、決してひやかした訳ではなく、素直に嬉しい、ありがとうの意味を込めて、投稿したものです。それだけはみなさんにどうしてもお伝えさせてください」

と書いた上で、「ただただ、わたしが人間として未熟でした。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪している。


なお、「不適切な画像」や、「ファンの方をひやかすような投稿」が、具体的にどのようなものを指すかは書かれていない。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

自粛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ