高樹沙耶の作詞曲が流れた! 「はじめてのおつかい」挿入歌

1月9日(月)22時8分 J-CASTニュース

「はじめてのおつかい」番組公式サイト

写真を拡大

2016年10月に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された、元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告(53)の手がけた楽曲が、2017年1月9日、テレビ番組で流された。

その曲は、1991年スタートの人気番組「はじめてのおつかい」(日本テレビ)の挿入歌、B.B.クィーンズの「しょげないでよBaby」。織田哲郎さんが作曲し、高樹容疑者が作詞したもので、その動向が注目されていた。



「まあ、楽曲に罪はないしなぁ」



17年1月9日放送の「はじめてのおつかい」では、サッカー元日本代表の大久保嘉人選手の息子のシーンをはじめ、数回にわたって「しょげないでよBaby」がBGMとして流れた。


高樹容疑者の逮捕で、もう聞けないのではと心配されていたこともあり、ツイッターには、


「まあ、楽曲に罪はないしなぁ」

「しょげないでよBABY使われてるじゃん!」

「好きな曲だけど、大人の事情で使われないかと思ったわ」

などといった声が投稿されている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高樹沙耶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ